相愛大学 オフィシャルブログ
相愛大学ホームページはこちら
2011年12月

子ども発達学科で「入学前教育」を実施しました


12月23日に子ども発達学科の「入学前教育」を実施しました。

111223-141557_R.jpg

テーマは、"心が動く""つながる"です。
47名の高校生と9名の在学生スタッフ、8名の教職員で"心が動く"実践、"つながる"実践を体験しました。

111223-150017_R.jpg

初めて出会う高校生たちでしたが、授業の最後には"つながる"仲間ができ、最初の緊張した雰囲気から一転し、とても和やかに交流する場になっていました。

111223-155132_R.jpg

入学式で、またみんなに会えるのが楽しみです。






(子ども発達学科 教職員)








2011.12.26
このページの先頭へ

法語を英訳とともに⑧

今年もあと少しとなりました。 皆さま、年越しの準備は進んでますでしょうか? 勉強に仕事に多忙な日が続くと思いますが、心に余裕を持ちながら精一杯頑張りましょう! 

 

busy.jpg

                  忙しいから大ざっぱにするのではなく
                 忙しいから細心の注意を払い
                 忙しいから精一杯の心を込めてみよう

                                                      (相愛学園本町学舎「毎月の言葉」より)

        You should not do anything carelessly because you are busy.
        Pay more careful attention to the things you do because you are busy.
        Try to do anything with all your heart just because you are busy.


          (注)carelessly 「不注意に」     
             not ~ because ... 「...だからといって~ではない」 
             pay attention to ~「~に注意を払う」
                ⇒ pay more careful attention to ~「~にもっと注意を払う」
             the things ( which ) you do「あなたがすること」     
             with all your heart 「精一杯の心を込めて」    
             just because ~「~だからこそ」

 

(管財課職員)

 

 

2011.12.22
このページの先頭へ

母校で活躍する相愛大学卒業生 第3弾!!


今回は相愛大学を卒業してそのまま母校で仕事をされている宮﨑あおい似の(笑)越智さんをご紹介します。

Q.現在はどのような仕事をしていますか?
A. 経理課オフィスで、入出金の管理帳票(仕訳伝票や金銭出納帳)の作成や、学生さんが利用される券売機管理の補助をしております。最初は戸惑いましたが全ては振替伝票の概念で処理しますから、貸方と借方の合計の左右バランスが、常に同じ数字になる事を理解していれば、財産計算と損益計算を同時に行うという複式簿記も簡単にできるようになりました。上司の方々に働く上で大切なことを沢山教えて頂き、今では有意義にお仕事をさせて頂いております。

111216-134734_R.jpgQ.趣味は何ですか?
A.芸術鑑賞、写真、散歩、文房具集めです。

Q.休日はどのように過ごされますか?
A.時間がある時は、京都や奈良に行ってまったりします。あと文房具屋さんによく行きます。オペラの稽古がある日は、体力UPのために友達とご飯を食べに行くことが多いです。


Q.何か一言お願いします。
A. 今月の22日(木)【12:25~12:45】に行われる北御堂コンサートに出演させて頂きます。入場無料ですので、お気軽にお越しください。憧れの北御堂コンサートで歌わせて頂くこと、大変嬉しく思っております。今からドキドキですが、当日は感謝の気持ちを込めて、楽しく歌いたいです。

写2_R.jpg第4弾は相愛大学で働くさらに素敵な美人卒業生を紹介します。

                                                  

(インタビュアー)

 




2011.12.16
このページの先頭へ

法語を英訳とともに⑦

あっという間に12月も半分過ぎました。夜には建物のライトアップや、クリスマスのイルミネーション等、美しい光がたくさん見られますね。

本日の言葉はそんな「光」についてのものです。

 

bule_light.jpg

                   青い色には 青い光が
                   白い色には 白い光が
                   赤い色には 赤い光が
                   あなたには かけがえのない 輝きがある 

                               (相愛学園『日々の糧』16日夕より)

               Just as blue has blue light,
               as white has white light,
               as red has red light,
               so each of you has your own precious brightness.

                                

           (注) just as ~, so ... 「~であるように、...である」
               precious 「かけがえのない」
               brightness 「輝き」

 

この言葉は、『仏説阿弥陀経』 というお経の中の、「青色青光 黄色黄光 赤色赤光 白色白光」という一節から来ています。

私たち一人一人、かけがえのない命 、個性、人生をもっています。これらを大切にし、さらに磨いていくと同時に、他の人の輝きに気づくことができれば、どんなイルミネーションよりも美しい光の世界を見ることができるでしょうね。

(管財課職員)

2011.12.15
このページの先頭へ

推薦入試 & 法語を英訳とともに⑥

おはようございます。ここ数日で本当に寒くなってきましたね。

昨日は 人文学部・人間発達学部「推薦C入試」・「寺院特別推薦B入試」が行われました。受験生の皆さん、お疲れ様でした。

また14日(水)には音楽学部・「特別奨学生B入試」が行われます。受験生の皆さんは目標に向かって力を出し切ってくださいね。

本日のことばは、相愛大学元学長・中西智海先生の『ひととき』からいただきました。

spiritual_nourishment_20111211.jpg

            めさきのことばかりでなく
            未来をみつめる目をもちたい
            前ばかりではなく
            うしろを見つめる目をもちたい
            自分のことばかりでなく
            人間を見つめる目をもちたい
            人間ばかりでなく
            生きとし生けるものを みつめる目をもちたい

                         中西智海著 『ひととき』より

   Have an eye which looks not only at the present but also at your future.
   Have an eye which looks not only forward but also behind.
   Have an eye which looks not only at yourself but at other human beings.
   Have an eye which looks not only at human beings but at all living things.

 
       (注) forward 「前を」
           human beings 「人間」
           living things 「生き物」

 

2011.12.12
このページの先頭へ

法語を英訳とともに⑤

おはようございます。今日は雨模様ですね。気温もだいぶ下がってきているようです。皆さん体調には十分気をつけてくださいね。

with-a-smile.jpg

              笑顔で鏡を覗いたら 鏡の顔も笑ってた
              怒って鏡を覗いたら 鏡の顔も怒ってた
              人間も鏡のようなもの
              自分が笑って向かうなら
              相手も笑ってこたえよう
              自分が怒って向かうなら
              相手も怒ってこたえよう
              「当たり前のことだ」とは実行していうことだ

                                                (相愛高等学校「日々の糧」 8日朝)


    Whenever you look in a mirror with a smile,
                  your face in the mirror is also smiling.
    Whenever you look in a mirror in anger,
                   your face in the mirror is also angry.

    Man is like a mirror.

    If you talk to a person with a smile,
                                        he also answers with a smile.
    If you talk to a person in anger,
                                        he also answers in anger.
    Don't say "It's a matter of course,"
                                        without talking to others with an appropriate attitude.

 
        (注) Whenever ~ 「~する時はいつでも」
           in anger 「おこって」
           a matter of course 「当然のこと」
           without talking to others with an appropriate attitude
           「適切な態度で他人に話しかけることなく」 ← 「実行しないで」の具体的な意味

 

2011.12.08
このページの先頭へ

法語を英訳とともに④

おはようございます。街は年末に向けて賑やかに、そして忙しくなってきています。受験生や学生の皆さんも勉強に忙しい時期だと思いますが頑張ってくださいね。

今回は学園歌の歌詞にも出てくる言葉です。

                       やすらいを讃えまし     あらき世の人のため
                      さいわいを伝えまし      つらき世の人のため 
                       灯(ともしび)をかかげまし 暗き世の人のため 

                  For the people living in rough days, we let them know peace of mind.
                  For the people living in hard days, we let them notice happiness.
                  For the people living in dark days, we let them see the light.

       ※rough days 「荒き時代」、   ※peace of mind 「安らぎ」←「心の平穏」

For the people.jpg以前この言葉を英訳するとき、「やすらいを讃える」の解釈に困りました。

「讃える」は普通であれば「称賛する、ほめたたえる」という意味ですから「やすらい(の素晴らしさ)をほめたたえる」となるけれども、とても違和感があります。

悩んだ末、当時相愛高等学校の校長であった出雲路常明先生に質問に行くと、「ここでいう、『やすらいを讃える』とは他人にやすらいを『知らせてあげる、気づかせてあげる』という意味です。」と教えていただきました。

同様に、「さいわいを伝える」、「灯(ともしび)をかかげる」もそれぞれ、「さいわいに気づかせてあげる」、は「灯に気づかせてあげる」と考えればいいと理解できました。したがって英訳では「~させてあげる」という意味の使役動詞 "let" を用いて、"let them know「知らせてあげる」"、"let them notice「気づかせてあげる」"、"let them see「見させてあげる」"と翻訳しています。

「荒く」、「つらく」、「暗い」世の中にあっても、私たちは多くの人とのつながりの中で「生かされて」生きています。本学の建学の精神「當相敬愛(とうそうきょうあい)『まさに相(あい)敬愛すべし』」
のように「自分を大切にし、相手も大切にする」思いやりの心が、周りの人達にとって「やすらい」・「さいわい」・「灯(ともしび)」に気づかせてあげるきっかけとなれば素晴らしいですね。

(管財課職員)

 

2011.12.05
このページの先頭へ

法語を英訳とともに③

12月になりました。今年もあともう少しですね。明日くらいからぐっと寒くなるそうですから、学生の皆さんそして受験生の皆さん、風邪をひかないよう体調には十分気をつけて下さいね。

今日は学園内に以前掲示されていた「毎月の言葉」を紹介したいと思います。

                   「もう限界」と思ったところから
                   もう少しだけ頑張れます。

     From the point of where you feel you cannot do something any longer,
     you can work a little bit harder.

20111121_blog.jpg

勉強やクラブ、仕事でも「もう限界!」と思うことありますよね。でも自分が感じている「限界」以上に、「底力」はあると思います。

本当の「限界」は、おそらくこの「底力」の向こうにあるように思います。勉強もクラブも「底力」を出すことで、更に自分の能力を伸ばすことができるのでしょうね。

皆さんもいろいろな場面で「限界、もう無理!」と思ったとき、この言葉を思い出してもうひと頑張りしてみてくださいね。

 

(管財課職員)

2011.12.01
このページの先頭へ