相愛大学 オフィシャルブログ
相愛大学ホームページはこちら
2012年2月

「初心忘るべからず」・・・法語を英訳とともに(15)

 おはようございます。2月も今日で終わり、今年度もあと1ヶ月のみとなりました。

4月に入学、あるいは進級された学生さんや、新たな場所で仕事などをされている方々も、かなり勉強や仕事等の環境に慣れてきている頃ではないでしょうか?

その「慣れ」から身についた経験を今後さらに広げ、深めていくためには今一度初心に戻って気を引き締めることも大切ですよね。

今日はそんな「慣れ」について教えてくれている言葉を紹介します。

 

20120229_01.jpg                  慣れというものはすごい
                  だが 慣れほどこわいものはない
                  一瞬にして もともこもなく
                  すべてを失うことだってある
                  経験は尊いが
                  経験に慢心して
                  思わぬ悲劇を生むこともある

                              (相愛学園「日々の糧」より)


               Experience is great.
               But nothing is so fearful as experience.
               It can cause you to lose everything in an instant.
               Experience is valuable,
               but self-conceit about experience
               sometimes brings about unexpected tragedies.

 

               experience 「経験、慣れ」
               nothing is so ~ as ...   「...ほど~なものはない」
               fearful 「恐ろしい」
               cause ~ to ・・・「~が・・・する原因となる」
               in an instant 「一瞬にして」
               valuable 「価値がある、尊い」
               self-conceit about ~   「~に対する慢心、うぬぼれ」
               bring about ~ 「~を引き起こす」
               unexpected 「予期せぬ、思いがけない」
               tragedy 「悲劇」

 

(管財課職員)

 

 

 

2012.02.29
このページの先頭へ

Excel講習会


先週から学生支援センター主催のExcel講習会が開講されました!
まず基礎・応用編として2月23日~29日まで開講されています。
基礎・応用編終了後、試験対策として3月5日~16日まで開講されます。

120223-103428_R.JPG 
講習会を受講した学生さんは「Microsoft office specialist Excel2007」取得を目指して勉強します。
Excelは社会に出て役に立つ上に、この資格は就職活動の時に履歴書へ記入することができ、アピールポイントになるので就職活動が始まる前に受講しに来ている学生さんが多いようです。
 
120223-115722_R.JPG夏休みにはWordの講習会も行われているので是非皆さん頑張って資格取得を目指してください!





(管財課アルバイト)





 

2012.02.27
このページの先頭へ

相愛高等学校・中学校の卒業式が行われました!

相愛高等学校・中学校の話題ですが、素晴らしいので紹介させて下さい。

本日、本町にて相愛高等学校・中学校の卒業式が行われました。今年は例年とは少し違い、1945年3月の卒業生と一緒に卒業式を行いました。

 

昭和卒業式_15☆.jpg

 

 

 

 

 

 

昭和卒業式_25☆.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時は戦争の為、卒業式が行われませんでした。


 

 

20120223_01.jpg  

当時600人いた卒業生の内46人に卒業証書が渡されました。


毎日jpにも紹介されています。 ご覧ください。

大阪・相愛高:67年ぶり卒業式 80歳、友と迎えた春 空襲で開催断念、46人出席
http://mainichi.jp/kansai/news/20120223ddf041040009000c.html

大阪・相愛高:67年ぶりの卒業式 46人にも証書
http://mainichi.jp/photo/news/20120223k0000e040170000c.html

 

(管財課 職員)

 

 

 

 

 

2012.02.23
このページの先頭へ

フォルテシモ♪


みなさま、こんにちは!
今日は本学の購買部をご紹介したいと思います(^_^)/
南港学舎の一番奥にある厚生棟の1階に購買部『フォルテシモ(ff)』があります♪


購買部の名前になっている「フォルテシモ」の意味ってご存知ですか?

「フォルテシモ」とは音楽で使う強弱記号の楽語なんです!
意味は「とても強く」、表記は「ff」
昔、音楽の教科書などで一度は目にしたことがあるかもしれないですね(●^o^●)
本学にある音楽学部にちなんだ素敵な名前ですね♪

120216-121702_R.JPG購買部には、学生さんや教職員の方のお昼ご飯になる
お弁当、パン、カップラーメンなどたくさんの種類の食料品や
小腹が空いたときのお菓子もたくさんありますよ♪

120216-121720_R.JPG学生さんには必需品の文房具コーナー、
そして写真プリントアウトの機械も置いてます!
もうすぐ卒業式シーズンなので
先輩方のためにアルバムを作成している学生さんの姿も(^^♪
他には化粧品のコーナーがあったり、忘れ物をしてしまったときやちょっとしたときにとても便利です♪

120216-122037_R.JPG最後になりましたが購買部のお姉さんです(^o^)
いつも学生さんと明るく楽しくお話しをされてます♪

授業、試験やクラブなどで大変な時
お姉さんに話を聞いてもらって元気が出ている学生さんも多いと思います(^^♪

是非、みなさん「フォルテシモ」へ足を運んでみてください♪




(管財課 アルバイト)






2012.02.16
このページの先頭へ

法語を英訳とともに(14)

こんにちは。暦の上では春ですが、まだまだ本当に寒いですね。朝、外に出ると水が凍っていることも多いです。本日の法語は「氷」に関するものです。

 

20120212.jpg


                                          こおりおおきに みずおおし
                                         さわりおおきに 徳おおし

                                                        (高僧和讃より)

                       The more ice we have, the more water we will get.
                       The more obstacles we face, the more virtues we will gain.


これは現在大学の掲示板に掲載されているので、学生の皆さんは目にされてることでしょう。でもこれってどういう意味でしょうか?

これは親鸞聖人が書かれた『高僧和讃』の中にある、「罪障功徳の体となる 氷と水のごとくにて 氷おおきに水おおし 障(さわり)おおきに徳おおし。」という言葉から来ています。

仏教ではしばしば「氷」は「煩悩」に、「水」は「菩提」にたとえられます。つまり、氷に日が当たり解けて水になるのと同じように、煩悩にみほとけさまの光が当たって菩提となるのです。

すなわち、煩悩と菩提は一体であり、分けることができないのです。「煩悩」や「罪障」が多ければ多いほど、みほけさまのお力添えによる悟りを通して得られる徳も多くなります。

私たちは日常生活で多くの苦しみや困難、障害を経験します。そのような状況にあるとき、私たちはいつも「障り多きに徳多し」という言葉を思い起こすべきだと思います。

「障り」を通して「徳」を享受するという心をはぐくむことが「信心」であると言えるでしょう。


  The more ice we have, the more water we will get.
  The more obstacles we face, the more virtues we will gain.

  In Buddhism, ice is often compared to "earthly desires" (Bonno in Japanese) and water to "the wisdom of enlightenment(Bodai in Japanese)".
  Just as ice melts into water, so too do earthly desires turn into the wisdom of enlightenment.
  Earthly desires and the wisdom of enlightenment are inseparable and the more earthly desires we have, the more virtues we can gain through spiritual enlightenment with the help of Amida Buddha.
  We experience various hardships, difficulties and obstacles in our lives.
  Under such difficult situations, we should always remember the words "The more obstacles we face, the more virtues we will gain."
  It can be said that cultivating the spirit of enjoying virtues through obstacles is the "wisdom of faith."

Staff in Administration of Property Division

(管財課職員)

2012.02.13
このページの先頭へ

法語を英訳とともに(13)

20120206.jpg

                        楽しいことも
                        つらいことも
                        不本意な日々や
                        遠回りな生き方も
                        自分をつくる栄養素

                        (相愛学園本町キャンパス内『毎月の言葉』より)

               Pleasant things,
               hard things,
               the days when you cannot have your own will,
               and indirect ways of living
               are all nourishment for cultivating yourself.

 

(管財課職員)

2012.02.06
このページの先頭へ

「子ども発達学科卒業生が学生に語る会」を開催しました!

子ども発達学科では、1月21日(土)に「子ども発達学科卒業生が学生に語る会」を開催しました。保育・教育現場で活躍する卒業生を招き、どのような仕事をしているのか、そのためにはどのような知識が必要になるのかなど、子どもたちから"先生"と呼ばれて生きていく日々で得た貴重な経験談や、後輩へ のアドバイスをうかがいました。

参加した在学生の感想から
「8名という職種の違う先輩たちから話が聞ける機会は滅多にないチャンスであると改めて感じました。
自分が進む道と同じ道を歩いている先輩の言葉はとてもリアリティがあり、自然と心に響くものがありました。また、自分の進む職種とは違う先輩の話も"子どもと関わる仕事"とすれば同じ職種なので参考になるお話ばかりでした。
話の中で、いくつか共通する言葉がありました。「ひとりひとりの子どもを大切にする」「オン・オフのメリハリをつける」など、私もこれらを大切にしていこうと思いました。」

 

            8名のシンポジスト

①8名のシンポジスト.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

②.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

③.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                       卒業生とのフリートーク

④卒業生とのフリートーク.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(子ども発達学科助手)

 

 

 

 

 

 

2012.02.02
このページの先頭へ