相愛大学 オフィシャルブログ
相愛大学ホームページはこちら
2013年8月

学生(発達栄養学科1回生)がテレビの取材を受けました!


8月27日(火)、イズミヤ株式会社主催「第12回お弁当コンテスト」で、
最優秀賞に輝いた佐野仁美さん(発達栄養学科1回生)をテレビ取材するために、
ケーブルテレビ局(11CH)が本学を訪れました! (*≧ω≦)/♪


初めての取材にもかかわらず、堂々と取材に応じる佐野さん。さすがです!

IMG_3422_R.JPG

収録スタート!
受賞したお弁当の一部を再現している一幕。

IMG_3437_R.JPG

レポーターの方と一緒に試食。お弁当に込めた想いを語る佐野さん。
レポーターの方は、その想いの深さに感動されている様子でした。(^_^)v

IMG_3446_R.JPG


放映日は未定ですが、決定次第お知らせします。乞うご期待!!
今回を含めて、8月中旬~9月初旬にかけて、
報道機関から本課に直接届いた取材依頼だけでも3件(^^)/

メディアに注目されている相愛大学!と言えるのではないでしょうか!

優秀な学生とイベント・コンサート・新企画盛りだくさんの相愛大学。
これからも、メディアの取材をお待ちしていまーす。

 

(広報・情報センター事務室)

 

 

 

 

2013.08.30
このページの先頭へ

北御堂コンサート♪


処暑とはなばかりで、猛暑が続いていますね。 ()´д`()ゲッソリ・・・

今日は北御堂コンサート(毎月開催)の撮影に行ってきました。

本願寺津村別院(通称:北御堂)は本町のビジネス街の真ん中にあり、ビジネスマンのお昼休みに
あわせて行われる北御堂コンサートに、たくさんの方が憩いの場として来られます。

今日の出演は本学の創作演奏専攻の学生たち。
ジメジメを忘れさせる爽やかな演奏でした。

『少年時代』(井上陽水)や『風になりたい』(THE BOOM)の演奏のときには口ずさむ方もおられました。

2013_08_22 北御堂コンサート015_R.JPG

2013_08_22 北御堂コンサート021_R.JPG

          (『少年時代』はリコーダーで...  『風になりたい』は鍵盤ハーモニカ♪)

来月の北御堂コンサートは9/19(木)、フルートアンサンブルです。

詳しくは本学HPコンサート情報までアクセスして下さいねo(*⌒―⌒*)o



(広報・情報センター事務室 職員)

 

 

 

 

2013.08.22
このページの先頭へ

♪ ショパン音楽大学夏期講習2013 便りNo. 2 ♪

写真4.jpg

[ショパンの生家]

 

2013810日(日)、一行はワルシャワの郊外にあるジェラゾヴァ・ヴォラ村にショパンの生家を訪ねました。ポーランドの国名が平原を意味する「ポーレ(pole)」に由来することを示すかのように、どこまでも平らに広がる畑の中を車で1時間ほど走ると、そこにショパンが生まれた頃の風景が現れました。正確にはショパン一家は生後半年でワルシャワに引っ越していますので、ここでショパンは創作活動をしていませんが、幼い頃よりこのような風景の田園地域をしばしば訪れ、その思い出などが後の創作の源の一つとなったようです。

私たちは生家で若きショパンの自筆譜(写し)や手紙に触れた後、その一室でギェルジョド先生(本学客員教授)が演奏するショパンの名曲の数々(バラードNo.1、アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズなど)を庭先で鑑賞しました。

 

写真5.jpg

[演奏会後にギェルジョド先生と歓談する参加者たち]

 

 

演奏会の前後には、周辺に広がる田園の中を散策し、200年ほど前のヨーロッパにタイム・スリップしたかのような気分を味わうことができました。

 

写真6.jpg

[ショパンの生家周辺の田園風景]

 

2013.08.14
このページの先頭へ

♪ ショパン音楽大学夏期講習2013 便りNo. 1 ♪

写真1.jpg


[ショパン音楽大学のエントランスにあるショパン像]

2013年8月6日(火)、第19回ショパン音楽大学夏期講習に向けて、参加者一同は関西国際空港を発ちワルシャワへ向けて旅立ちました。途中の経由地フランクフルトでは、乗り継ぎの飛行機を待っている時、台風のような大嵐に見舞われ、出発が1時間あまり遅れるというハプニングもありましたが、午後9時(日本時間7日午前4時)全員無事にホテルにチェック・インしました。
 今回の講習は初日・2日目にレッスンが行なわれる日程となっていましたが、その初日・2日目(8月7日・8日)、ワルシャワは記録的な暑さとなりました。公式の数字ではありませんが、2日目は40℃を超えたという噂が流れるほどでした。一方、ショパン音楽大学には冷房設備がありません。この猛暑の中、学生たちはふらふらになりながら懸命にレッスンや練習に取り組んでいました。
 3日目(8月9日)はワルシャワにおけるショパンの足跡を散策するスケジュールが組み込まれており、そのような記録的な暑さへの対応を前日から検討していましたが、当日は最高気温が30℃を下回る状況となり、3時間ほどの心地よい散策に因ってショパンの生涯や作品を彷彿していました。

 

写真2.jpg
[ショパンが10代の頃に住んでいた部屋の下で説明を聞く参加者たち]


 

写真3.jpg
[ショパンの心臓が安置されている聖十字架教会の祭壇前に立つ参加者たち]

 

(講習引率: 黒坂俊昭)

 

 

 

 

 

 

2013.08.12
このページの先頭へ

大阪のインテリジェンス!!

みなさん、こんにちは。

とても暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

くれぐれも、熱中症などにはお気を付け下さい。

 

さて、今回は7/27(土)に難波のホテルモントレで行われました、

大阪のインテリジェンスについて書かせていただきます。

当日はとても暑い中、約180名の方々がお越しくださいました。

2013_07_27 大阪のインテリジェンス018_R.JPG

早い人の中には、1時間以上も前に来られていました。

まず最初に、春野恵子師匠の浪曲から始まりました。

2013_07_27 大阪のインテリジェンス048_R.JPG

約25分間の演目でしたが、とても素晴らしかったです。

 

 

 

 

 

 

 

次に、桂雀々師匠による落語がありました。

2013_07_27 大阪のインテリジェンス085_R.JPG  

落語も同じく約25分間でしたが、雀々ワールドの凄さに驚きました。

 

 

 

 

 

 

 

10分間の休憩時間の後に、春野恵子師匠・桂雀々師匠・前垣教授(本学)・釈教授(本学)の

4名による約50分間のトークセッションが行われました。

2013_07_27 大阪のインテリジェンス127_R.JPG


最後に、釈先生から今回のお手伝いをしてくれた学生さんの紹介がありました。

2013_07_27 大阪のインテリジェンス147_R.JPG

無事に終わることができて本当によかった思います。

この他にも、さまざまなイベントが行われていますので一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

(広報・情報センター事務室  職員)

2013.08.09
このページの先頭へ