相愛大学 オフィシャルブログ
相愛大学ホームページはこちら

特集 リヒャルト・シュトラウス~資料展示のお知らせ Vol.5~

9月からの図書館3階展示は、2014年に生誕150年を迎えた作曲家リヒャルト・シュトラウスを特集します!

リヒャルト・シュトラウスは後期ロマン派を代表する作曲家で、おもにオペラや管弦楽曲、歌曲などの分野に数々の名曲を残しました。

シュトラウスの音楽は、時々ちょっとだけ難しく感じられる部分もありますが、管弦楽曲、特に≪アルプス交響曲≫や≪ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら≫などはとても聴きやすいのでオススメです♪

IMG_7357_R.JPG

オペラにも、≪サロメ≫や≪薔薇の騎士≫など、文学的かつ独特の退廃的な世界観が魅力の作品が揃っています。

IMG_7344_R.JPG

この機会にぜひ、DVDやCDなどでリヒャルト・シュトラウスの世界に触れてみてください♪

展示リスト.pdf  


ちなみに・・・
図書館3階ではDVDを観ることができるコーナーがあります。

IMG_7367_R.JPG

1人用の席はもちろんのこと、2人や3人で一緒に観ることができる席もあります。
(最大同時に6人で観ることも可能!)

図書館3階にお越しの際は、視聴コーナーもぜひご利用ください(^^)

 

(図書館スタッフ)

2014.09.08
このページの先頭へ