相愛大学 オフィシャルブログ
相愛大学ホームページはこちら

フジコ・ヘミング氏とマキシム・ヴェンゲーロフ氏が来校・ヾ(*´∀`*)ノ。

みなさんこんにちは!

まだ、5月だというのに暑い日が続いていますね~!熱中症など体調管理には気をつけたいものです。

さて、先日のブログでもお伝えしたように、世界的なヴァイオリニストのマキシム・ヴェンゲーロフ氏が来校し、西日本で初めてとなるマスタークラスを開催いたしました。受講生もご来場くださった皆さまも大変満足いただけたようで何よりでした。
この詳細につきましては、後日さらに詳しくお伝えします。

本日は、その少し前!
5月19日と5月20日のニュースをお届けしましょう(^^)//

なんと、世界的ピアニストのフジコ・ヘミング氏とマキシム・ヴェンゲーロフ氏がリハーサルのために来校していたのです!

タクシーから降りてきたフジコ・ヘミング氏やマキシム・ヴェンゲーロフ氏をみた学生は?

「っえ!ほんもの」
「なんでいるの」
「・・・。」
っと目を丸くしていました。

っというのも、翌日(5/21)のシンフォニーホールでのコンサートのリハを行うために来校されたもので非公開。


でも学生は強い(笑)そんな嬉しい偶然に、緊張した様子で写真やサインをお願いしていました。

IMG_1494_R.JPG                   (ピアノ専攻3回生とフジコ・ヘミング氏)

 

IMG_1491_R.JPG                 (弦楽器専攻1回生とマキシム・ヴェンゲーロフ氏)

 

IMG_2561_R.jpg                     (お二人のサインも頂戴しました)


 

時間のないなかではありましたが、お二人ともこころよく、そして笑顔で対応していただきました。


リハーサルは南港ホールで行われたのですが、やはり「凄い」の一言です。
音の幅、深み、リズム・・・表現するのは難しいのですが、芸術の深さを感じるひと時でした。


20150528_R.jpg               (ホールでリハーサルを行うフジコ・ヘミング氏
                              とマキシム・ヴェンゲーロフ氏)

 

近年、古くから「相愛」が取り組んできた音楽教育を多方面から高く評価いただき、このように世界的な奏者が来校する機会も多くみられます^^)

相愛のキャンパスではそんな偶然に出会えるかもしれませんね!

(大学職員)

 

 

2015.05.28
このページの先頭へ