相愛大学 オフィシャルブログ
相愛大学ホームページはこちら

英国立バンガー大学英語研修⑩(最終日) ~バンガー市長、ホストファミリーと修了式!~

20150916_10.jpg

早いもので、3週間の短期研修における修了式、クロージングセレモニーです!ホストファミリーの方々ほとんどが参加してくださり、また、4月にバンガー市長として相愛大学を表敬訪問して下さったJean Forsythバンガー前市長(現在は市長の任期を終えられて市議会議員として一層活躍されています)や前々市長、現副市長もいらっしゃいました。皆さん、少し緊張気味です。

まずは、今まで練習を重ねてきたドラマの披露です。先日のブログでご説明したように、舞台はPlas Newydd。コスチュームを装って、役柄にも気合がはいります。

20150916_02.6.jpg

  20150916_02.jpg

皆さん一人ひとり、堂々と演技をされ、Field Tripで訪れたPlas Nweyddというお屋敷にまつわるストーリーをしっかりと表現していました。

20150916_02.5.jpg

 

次は、日本にいるときから準備をしてきたプレゼンテーションです。自分たちの地元の文化等を堂々と紹介していました。

20150916_03.jpg

20150916_04.jpg

そして、各大学代表によるスピーチ。フィールドトリップでの経験、授業について、またホストファミリーとの日々の思い出など、思わず胸が詰まって涙が出るシーンもありました。短い間でしたが、とても内容の濃い三週間だったのだと実感しました。心に響く素晴らしいスピーチでした。

20150916_07.jpg

最後に、全員でのウェールズ国歌「Hen Wlad Fy Nhadau」の合唱。圧巻でした。皆さん練習以上に大きく、教会に響き渡る声で、すばらしい合唱でした。合唱が終わると、ホストファミリーの方々からは大きな拍手が贈られ、涙ぐまれている方もいらっしゃいました。

20150916_08.jpg

20150916_09.jpg

その後は、紅茶やお菓子をいただきながら交流タイム。ホストファミリーや、この研修を通じて仲の深まった他大学の皆さんとの時間は本当に早く感じますね。

約3時間のさよならパーティーとなりましたが、皆さんのホスピタリティ溢れるおもてなしのおかげで、惜しまれつつ無事に終了いたしました。本当に賑やかですばらしいクロージングセレモニーとなりました。

20150916_11.jpg 

そして、次の日の早朝はいよいよバンガーを出発する日となりました。皆さん、ホストファミリーに送ってもらい、最後のひとときを過ごし、ファミリーとの別れを惜しんでいました。

20150916_01.jpg

 バンガーのホストファミリーは、本当に優しくて、温かく学生を受け入れてくれ、英国やウェールズの文化や英語も教えてくれる素晴らしい方々ばかりです。授業だけでなく、家族との触れ合いの中で身につけた英語力、そしてホスピタリティーは、一生の宝となるでしょう。皆さん、英国に家族ができましたね。

相愛大学として初めてのバンガー大学英語研修は、大変実り多いものになりました。来年度以降もたくさんの学生さんが参加して、グローバルな視野を広げ、英国に家族ができることを期待しています!

 

<広報・情報センター事務室職員>

2015.09.17
このページの先頭へ