~相愛大学客員教授イタリアのミラノ・G・ヴェルディ音楽院教授のモニカ・ボッツォ先生来日!のお知らせ~

20160629_S1.jpg

7月22日(金)~7月26日(水) 

モニカ・ボッツォ先生の声楽個人レッスンを声楽専攻生全員が受講します。

またレッスン風景などをお知らせしますね。

そして

7月28日(木)18:20~は、声楽公開レッスンが開催されます。

相愛南港ホールにおいて入場料無料です。

一般公開しておりますので、皆さまぜひこの機会をお見逃しなく!!

2016_0706s.jpg

ボッツォ先生のレッスンは、とてもわかりやすく素晴らしいと定評です。

では、ボッツォ先生のプロフィールを紹介します!

=モニカ・ボッツォ先生(ソプラノ)=

A.カゼッラ音楽院、G.ヴェルディ音楽院を優秀な成績で修了。イタリア国内外の国際コンクールの優勝経験をもつほか、幅広いレパートリーで数々のオペラ作品、オラトリオ、宗教曲のソリストとして出演しヨーロッパの他、アジアでも成功を収める。また教育活動においても研究熱心で音楽教育法と音楽療法のスペシャリスト育成のコースを優秀な成績で修了。世界各地の音楽学校、音楽院で声楽のテクニックや声についての解釈の公開講座に招聘されている。現在、G・ヴェルディ音楽院教授。

只今、学生たちは受講するレッスン曲を決めるのに思案したり、

どんなレッスンが受けられるのかドキドキの最中です!

In bocca al lupo!!

ちなみに、ボッツォ先生は2005年より毎年開催してきました(近年は隔年ですが)

イタリアの夏期講習でもレッスンを行って頂いております。

声楽分科会