9月13日 9:20~

集中講義「仏教と生活」で典座料理にチャレンジしました。

典座料理とは、曹洞宗の開祖である道元禅師の著作『典座教訓』に基づく精進料理のことです。

曹洞宗僧侶でありNHK「きょうの料理」にも出演される吉村昇洋先生(本学非常勤講師)ご指導のもと、今回は茄子と冬瓜を中心に使った料理に挑戦!!

****************************************************************

【講義中の様子】

○吉村昇洋先生

IMG_1310.jpg


○調理の様子

IMG_1331.jpg

IMG_1350.jpg


○今回の典座料理

IMG_1364.jpg

(上:焼き茄子の胡麻味噌《主菜》・ズッキーニとパプリカのマリネ《副菜》)

(下:きのこご飯《香飯》・冬瓜のお吸い物《香汁》・茄子の浅漬け《香菜》)

○曹洞宗の食事作法に則り、いただきます。

IMG_1375.jpg

IMG_1382.jpg


****************************************************************

典座料理のモットーは、「捨てないこと」。様々なアイデアと技を駆使して食材を余すことなく使いきります。

典座料理は、現代社会でも注目される「勿体ない」(=贅沢をして使えるものを有効に活用せず、無駄にすることを戒める言葉。もとは、仏教用語。)を具現化する料理です。

今回の典座料理体験は、現代社会を生きるうえで参考になりうる貴重な時間となりました。

(人文学部スタッフ)