浪切バレエフェスティバル&相愛大学音楽学部「相愛フィルハーモニア」inクリスマス

大前光一さんがスペシャルゲストとして出演する【浪切バレエフェスティバル&相愛大学音楽学部「相愛フィルハーモニア」inクリスマス】が1223日(金・祝)に開催されます。

開催に先立ち実施されたインタビュー取材では、
namikiri_01_R.JPG

(画像左より、相愛オーケストラ委員長 中谷先生、大前さん、浪切ホール館長 近松さん)

大前さん

「オーケストラの生演奏でソロを踊るのは初めてです。音に厚み、色彩があり、難しい部分もありますが、とても楽しみです。」

浪切ホール館長 近松さん

「オーケストラ演奏でのバレエ公演、そこにスペシャルゲストで大前さんに踊っていただける。この素晴らしい公演を、ぜひ地域の方々に楽しんで欲しい。」

オーケストラ委員長 中谷先生

「相愛の教員、卒業生、選抜された学生で出演します。私もティンパニ奏者として参加します。地域と連携してクラシック音楽の振興に役立てることはとても貴重なことです。

どうぞご家族、ご友人もお誘い合わせのうえ、是非お越し下さい。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。


※相愛フィルハーモニア

相愛フィルハーモニアは、相愛大学の教員、また同大学を卒業し、日本各地のオーケストラで活躍しているプロ演奏家の同志を中心に相愛チャリティーイベント東日本大震災慈善公演をはじめ、西本願寺法統継承式記念レセプションに出演。 昨年12月には、相愛大学客員教授尾高忠明の指揮のもと元相愛大学音楽学部教授・初代学部長山田耕筰先生没後50年記念演奏会に出演し好評を博しました。


バレエ&相愛フィル入稿データ(20161006).jpg