1月24日(火)相愛高校2・3年生を対象にフードデザイン授業を行いました。

今回は「パンを焼いて朝ごはんをつくろう」ということで、

手作りウインナーパンと野菜のコンソメスープに挑戦してもらいました。

はじめに、朝ごはんの大切さについてのお話がありました。

高大連携説明.jpg

さぁ、調理開始です。

まずは強力粉とドライイースト、砂糖、塩をビニール袋に入れてよく振り混ぜます。

ぬるま湯を一気に入れてもむようにして混ぜ、なめらかになるまでこねます。

高大連携①.jpg高大連携③.jpg

さらにバターを入れてこね、生地に伸びが出るまでさらにこねます。

少しあたたかい所に置いて発酵させます。その間にコンソメスープを作ります。

高大連携②.jpg高大連携スープ.jpg

発酵させていた生地が膨らんだら手で押してガス抜きをし、のばします。

生地を4等分にして細長く伸ばし、ウィンナーを巻きつけるように成形します。

みんな色んな形を作っていました。

高大連携④.jpg高大連携⑤.jpg

卵液をパンの上に塗り、200度のオーブンで10~12分焼きます。

焼き上がりがとっても楽しみですね!!

高大連携⑦.jpg高大連携⑧.jpg

焼きあがったものがこちらです。良い香りが実習室に広がっていました。

お皿に盛り付けてみんなで試食です。

高大連携⑨.jpg高大連携⑩.jpg高大連携⑪.jpg

自分たちで作ったパンの味はとても美味しかったようで、喜んでいただけました。

実習後の感想も「楽しかった」、「家でも作ってみようと思う」等と書いてもらえてとっても嬉しかったです。

この授業をきっかけに高校生の皆さんにもっとお料理や栄養について興味を持ってもらえたらと思います。

助手 寺川