8月19日のオープンキャンパスは、

暑い中、大勢の高校生や保護者でにぎわいました。

 

 

まず初めに、学科長の角谷先生が、

学科及び授業の紹介をしました。

学科の特徴、学ぶ内容、取得可能な資格や、

就職状況などについて知ることができます。

 

 

ミニ講義終了後は、調理実習室で学生スタッフと

一緒にお菓子作りを体験できます。

今回は「ぶどうと桃のゼリー」を作りました。

 

 

 

ゼリー液と皮付きのブドウを一緒に火にかける

ことで、綺麗な紫色のゼリーができます。

 

教室を移動し、次は庄條先生のミニ講義です。

今回のテーマ発酵食品についてです。

身近にある食品のお話なので、大学の授業を初めて

体験される方にもわかりやすく、興味深い内容でした。

 

 

1階試食室には、4分野の参加・体験

コーナーと個別相談コーナーがあります。

臨床分野では、インボディーによる

体組成の測定や、骨密度計による

骨密度の測定が体験できます。

 

 

実験・実習分野では、ポップコーンの種の

種類について学び、実際に試食することができます。