8月6日、咲州の南港咲州特別養護老人ホーム、南港咲州養護老人ホームで毎月開催される「クッキングクラブ」で

ゼミの学生の考えたスイーツメニューを実習していただきました。

メニューは「すいかとミルクのあんみつ」。

先月にご挨拶に伺い、入居者様にリクエストを確認。管理栄養士さんにもご相談して捕食にもなり水分も補える。

実習がリハビリにつながるように作業を考える等、アドバイスをしていただき考えました。

和菓子のリクエストが多かったので夏の和菓子にしました。

今回は入居者、特別養護17名、養護15名の参加で14時から実習です。

老人ホーム①.jpg

ご挨拶の後、袋に入れたすいかを手でつぶします。これもリハビリです。

力を入れてつぶしてもらいました。

老人ホーム②.jpg

皆さんにつぶしてもらったすいかを集め、さらにミキサーにかけて撹拌し、ゼラチンを入れて固めます。

老人ホーム③.jpg

次に牛乳ゼリーを型で抜き、器に盛つけます。

老人ホーム④.jpg

固まったすいかゼリーをのせてあんこ、キウイをトッピングし完成!

今回は固める時間が少なく、すいかジュレになりました。

老人ホーム⑤.jpg

皆さん完食していただきました。

美味しいと言ってもらえて良かったですね!

最後、いい笑顔で終了することが出来ました。

皆さん、ありがとうございました。

老人ホーム⑥.jpg

発達栄養学科教員 杉山 文