初戦の関西外大戦、7-5で逆転勝利!

9月26日(火)八尾の山本球場で行われた関西外大戦は2時間15分の熱戦を制して見事相愛大学が勝利。

20170928_01.jpg

2回表、1回生で初試合初打席の東山が初ホームランという快挙を成し遂げた。

関西外大にその裏連続ホームランで追いつかれ、4回にエラーがらみで1点を追加しリードを奪うものの、6回裏には二塁打、本塁打、ヒット、さらにエラーなどで3点を奪われて逆転を許す。

しかし7回にはピッチャーも米田から竹澤に代わり何とか抑えきると8回表の打者一巡の猛攻劇で4点を奪い土壇場で形勢を逆転する。

1番打者山下のレフトオーバーの2塁打、2番大園のレフト前ヒット、3番杉上のセンターオーバーの2塁打で2人が生還。その後連続フォアボールで塁が埋まったところで今年最後となる4回生の勢力のライト前ヒットで3点目。ダメ押しに8番ピッチャー竹澤のレフトフライのタッチアップで東山が3塁から生還して4点を挙げてほぼ試合を決めた。

8回裏も竹澤が2三振を奪う力投で切り抜け、時間制限規定により8回コールドで念願の初戦勝利を勝ち取った。

20170928_02.jpg 20170928_03.jpg

20170928_04.jpg 20170928_06.jpg


<軟式野球部>