123日(火)相愛高校23年生を対象にフードデザイン授業を行いました。

今回のテーマは「子どもに食に関心を持ってもらうためのアプローチを体験」

ということで、簡単手作りピザを作りました。

2017高大連携①.jpg

ピザは生地から手作りします。

まずは強力粉とドライイースト、砂糖、塩をビニール袋に入れてよく振り混ぜます。

2017高大連携②.jpg

ぬるま湯を一気に入れてもむようにして混ぜ、なめらかになるまでこねます。

2017高大連携③.jpg2017高大連携④.jpg

さらにバターを入れてこね、生地が袋からはなれてくるまでさらにこねます。

2017高大連携⑤.jpg

袋に少し空気を入れて結び、あたたかい所に置いて発酵させます。

2017高大連携⑥.jpg

その間に野菜のコンソメスープを作ります。

2017高大連携⑦.jpg2017高大連携⑧.jpg

発酵させていた生地が膨らんだら手で押してガス抜きをし、のばします。

生地は好きな形にしてもらいました。

ハート型や三角形など、みんな色んな形を作っていました。

2017高大連携⑨.jpg2017高大連携⑩.jpg

ピザソースを塗り、スライスした玉ねぎ、コーン、チーズをトッピングします。

2017高大連携⑪.jpg

200度のオーブンで1012分焼きます。

2017高大連携⑫.jpg

きれいに焼き上がりました。良い香りが実習室に広がります。

2017高大連携⑬.jpg

お皿に盛り付けてみんなで試食です。

2017高大連携⑭.jpg2017高大連携⑮.jpg

手作りのピザの味は大変好評で、とても喜んでいただけました。

この授業を通して高校生の皆さんにもっと「食」ついて興味を持ってほしいと思います。

2017高大連携⑯.jpg

助手 寺川