「産官学食育実践演習」は
食育の実践に関する講義や演習を多方面から行う科目です。
毎年1回生を対象に集中講義として9月初旬に開講しています。

今年は台風21号が近畿地方に接近・上陸が予想されたため
3日間のうち1日だけ演習を行いました。

9月3日に青果と水産物などの卸売市場である
「大阪市中央卸売市場本場」に出かけました。

始めに大果大阪青果様からセリについて説明をしていただき
鮮魚、野菜、果物などの中卸売り場を見学しました。
お土産に二十世紀梨を頂戴しました。

DSC04284.jpg

市場見学の後は
株式会社うおいちの下川様による
「魚の供給と流通・鮮度について」の講義をしていただきました。

DSC04286.jpg

その後、香川県大阪事務所様とJA香川様のご指導で
手打ちうどんを体験しました。

香川県大阪事務所副主幹の福島様による
デモンストレーションのあと
学生たちは自分のうどんを打ちました。

DSC04304.jpg

小麦粉と食塩水を良く混ぜたあと、足で踏んでこねました。
ねかし、伸ばし、切り出し操作のあと茹でました。

DSC04302.jpgDSC04308.jpg

香川県産の青ネギをたっぷりトッピングし
みんなでおいしくいただきました。

DSC04316.jpg

その後、大阪市中央卸売市場
食品衛生検査所所長の木村先生より
「市場における食品取扱の衛生管理について」
講義をいただきました。

DSC04319.jpg

学生からは
市場の方のお話では、「安全でおいしいものを提供するにはそれなりの値段になる」と
おっしゃっていて、安くして売れるようにするのではなく、
本当に消費者のことを考えられていることが分かりました。
市場見学を通して、今後はさらに食物に感謝し、
その食物に関わっている人にも感謝していきたいと思いました。

と感想がありました。

残り2日間の演習は来年2月に実施予定です。
またご報告します。

                                 公衆栄養研究室   堀野