子ども発達学科ブログ

SOAI OFFICIAL BLOG 相愛大学 トップページへ
2012年9月

保育・教育現場でがんばる1回生  その2(事後学習の様子)

 9月10日は「保育・教育実践学習」の事後学習日でした。保育所・幼稚園・小学校の現場で学んだ内容を報告し、ふりかえり学習をしました。各実習先の特色や子どもを見る視点の原点など客観的にとらえて次に活かそうと研鑚を重ねる1回生の様子を紹介します。

グループに分かれて各施設の内容を報告し合い、分析しながらまとめています。

1.JPG

 ポートタウン保育園の園児や保育士の先生方と交流をしました。ダンスや手遊び、絵本の読み聞かせの指導法を保育士の先生方から直接学び、その後自分たちで実践をして、楽しく充実した学びの場となりました。

 園児たちと一緒にのりのりのダンス風景です! 2-1.JPG 先生方の実践を参考に、さっそく『はらぺこ あおむし』の読み聞かせをしました。意気込みはプロに負けません。(腕前も・・・)

2-2.JPG

お得意の『はちべえさんとじゅうべえさん』の手遊びを実践、園児も「知ってる、知ってる」と一緒に楽しみました。

2-3新.JPG

子ども発達学科教員・実習指導室助手

2012/09/12
このページの先頭へ

保育・教育現場でがんばる1回生

 8月24日から9月7日にかけて子ども発達学科1回生は、「保育・教育実践学習」の授業で地域の保育園、幼稚園、小学校に出向き、実践的学習を積んでいます。
 1回生なので、保育や教育の現場に出て体験的に学習するのは初めての学生がほとんどです。みな緊張しながらも、子どもたちとどうやってかかわろうかと試行錯誤しながら学習に臨んでいます。

 今日は、愛染園南港東保育園で学習したグループの様子をちょこっと紹介します。

① 最初に園長先生や主任先生のオリエンテーションを受けます。園の保育方針や特徴、デイリープログラムなどについての説明を聞いています。
  P1030096.JPG

② 園長先生が施設の中を案内してくださっています。0歳児クラスの保育室を見ています。

P1030097.JPG

③ 各クラスに分かれて活動しています。このクラスは園庭でダイナミックな砂遊びを展開していました。学生も一緒になって泥だらけです。
P1030099.JPG

 

子ども発達学科教員・実習指導室助手

 

2012/09/05
このページの先頭へ
相愛大学ホームページはこちら
こども発達学科ホームページはこちら