子ども発達学科ブログ

SOAI OFFICIAL BLOG 相愛大学 トップページへ
2013年1月

学生の得意分野を生かして子どもたちに感動体験を!

 12月はさまざまな取り組みを実施しました。その中から今回は、地域の保育施設と連携した授業のようすを紹介します。授業では、地域の保育施設の5歳児との直接交流を通して、感動体験を共感できる活動のあり方や指導方法について学習しています。
今回は、学生の得意な分野を生かして、子どもたちの主体性を育み、感動体験を共感できる活動内容を検討し、交流プログラムを実践しました。

 まず最初は、茶道が得意分野である学生の出番です。子どもたちがわかりやすいように説明しながらお茶を点てました。子どもたちは、保育園で地域の老人会の方々のお手前を経験しているだけのことはあって、みなお行儀がよくてびっくり。

  クロ7.JPG クロ4.JPG

 次は、卓球とバトミントンが得意な学生が実践を展開しました。子どもたちと一緒に数をかぞえながらうまく続けられるかな。

  クラ1.JPG   クラ8.JPG

 次は、ピアノが得意な学生によるショパンのノクターンの独奏です。子どもたちも先生も神妙に聞き入っていました。

                  クラ6.JPG  

 次は、ギターとベースとカホン(ペルーの打楽器)とピアノの得意な学生がグループを組んで実践しました。ギター、ベースと鈴を演奏するトナカイとサンタクロースからなる『サンターズ』の登場です。ギターの生の音に子どもたちは少々興奮ぎみ。

クラ2.JPG  サンターズが子どもたちもよく知っているクリスマスソングをとってもリズミカルに演奏し始めると、子どもたちは歌い出しました。

  クラ9.JPG  次は、フルート、クラリネット、サクソフォーン、ホルン、テューバ、ユーフォニアム、トロンボーン、トランペットの8種類の楽器による合計10名での演奏です。それぞれの楽器の紹介を工夫して実践してくれました。演奏が始まると、大迫力に子どもたちは最初は目をぱちくりさせていましたが、クリスマスメドレーが進むうちに身体を揺らせて聞いていました。

   クラ3.JPG   クラ13.JPG

 最後は、ダンスが得意な学生によるショータイムと子どもたちと一緒にダンスを楽しむプログラムです。子どもたちもよく知っている「名探偵コナン」の曲に合わせ、軽やかなステップで踊りました。

  クラ11.JPG  今度は学生さんたちの指導のもと、みんなでクリスマスソングに合わせLet's Dance!

  クラ10.JPG 子どもたちは学生が得意とするいくつもの分野の本物を直接体験しました。保育園に帰る時間になっても学生たちに今日の感動を伝えていました。学生たちも名残惜しく、最後まで手を振って見送りました。 クラ12.JPG

  子ども発達学科教員・実習指導室助手

2013/01/17
このページの先頭へ

"あんちゃん先生"とおもしろスキルアップ!

「おもしろスキルアップ講座」に今年も"あんちゃん"こと安藤正彦先生が来てくださいました。安藤先生は現役の保育士さんです。先生はオリジナルのうたあそびやゲームあそびをたくさん考案され、ご自身が現場で実践されています。ですから、すぐに現場で活用できます。参加者全員で一緒に歌い、遊びながら学びました。

 あんちゃん先生はギターがトレードマーク。ギター片手にお話やうたが始まります。 あん⑧.JPGのサムネール画像

あんちゃん先生のギターに合わせ、うたあそびの実践。学生たちにとってギターという楽器を使った保育実践は新鮮で、何か一つ楽器ができるだけで遊びの幅がひろがることを実感していました。

   あん③.JPG   あん①.JPG

 あんちゃん先生が考案された「あなたとわたしはピッタンコ!」「ハッピーダンス」「サバイバルピクニック」などをみんなで実践しました。 子どもたちと活動するときも、まずは自分自身が楽しんで活動できることが大切であることを、学生たちは学んでいました。 あん⑥.JPG

    あん④.JPG あん⑦.JPG 学生たちの受講後の感想は、とても自分のためになったし、今回学んだことをしっかりスキルアップにつなげていきたいという内容でした。実習や就職先で活用してくださいね。

片付け後、あんちゃん先生を真ん中に記念撮影『パチリ!』

  あん⑤.JPG

子ども発達学科教員・実習指導室助手

 

2013/01/08
このページの先頭へ
相愛大学ホームページはこちら
こども発達学科ホームページはこちら