子ども発達学科ブログ

SOAI OFFICIAL BLOG 相愛大学 トップページへ
2013年3月

4回生最後のスキルアップ講座「劇団わらび座のワークショップ」

 今回は卒業間近の4回生が、いよいよ4月から社会人として歩み始める直前の体験学習として、「表現する」「伝える」をテーマにプロの劇団員(2名)から学びました。

 案外、みな自分を表現するのは苦手です。まず最初は、身体を動かし、声を出して、照れや緊張をほぐしました。

  

 

 次は、お互いがよく見えるよう大きな円陣を組んで座り、言葉を使わずに「伝える」ことに挑戦です。なかなか伝わりません。みな忍耐強く観察するようになってきました。そしてだんだん表情も豊かになってきました。伝わったときのうれしさは格別です。

  

   わらび座19.JPG

 

 いよいよメインの演習に入ります。

 「走れメロス」の台本を使いました。メロス役、フィロストラトス役を決め、コロス[主要登場人物が劇中語れなかったこと(たとえば恐怖、秘密とか)を登場人物に代わって代弁する]はグループで順番に声を出す練習です。

 

 だんだんと感情表現が豊かになってはきましたが、全身を使って声を出し、感情から出る声を実感するのはなかなか難しそうです。講師の劇団員の方がやってみせてくださいました。

 感情がほとばしる声とすさまじい迫力に、みなしばらく言葉がありませんでした。

 

 

 再度、挑戦です。

 

 最後の学生たちの台詞読みには感動して涙が出そうでした。自分がこれほど表現できるとは思っていなかった、こんなにできるんだ・・・、と感動を述べる学生たちでした。観察し、表現し、伝える、そして伝わったときの達成感や人とつながった喜びを、実践を通して学びました。

 最後の全員の台詞は「走れメロス!」でした。

 

 「走れ子ども発達学科4回生!」

 

子ども発達学科教員・実習指導室助手

2013/03/14
このページの先頭へ

Let's dance!Part2 & Part3

今年度の「おもしろスキルアップ講座」に新規開設したヒップホップダンス分野は、時間割の都合から6限目の時間帯での開講となりました。が、Part1(第1回目)に続き、Part2とPart3でも学生たちが音楽に合わせて身体を動かす楽しさを存分に味わいました。

   

 

■Part2もストレッチで十分からだをほぐすところから始めます。「あかん・・・これ以上、痛~」とだいたい皆こんな感じです。そんな中でやわらか~い学生もいました。
 

      

 

 

■音楽にのって動き出しました。みんなとたんに"水を得た魚"のようにいきいき、  ぴちぴちです。

   

 

■講師の先生が前で踊ってくださると、みんなの動きも良くなりパワーも増します。先生の威力です。

今回は直島先生も参加です。でっかいので頭一つ出てます。なかなかかっこよかったですよ。

 

  ひっぷ④.JPGのサムネール画像

 

 ■いよいよ第3回目です。3回皆勤の学生も居ます。まずはストレッチ。

ひっぷ③-①.JPG

■やはり軽快な音楽にのって動き出すと、みんなかっこいいです!

ひっぷ③-③.JPGのサムネール画像
 ■今回で最後なので、講師のAki先生に舞台でのダンスを少し見せて頂きました。

「やばい!超カッコイイ!」学生たちは口々に感嘆の声。

■最後にみんなでAki先生にお礼の拍手です。

ひっぷ③-⑥.JPG「ありがとうございました。」「すごく楽しかったです!」

先生が帰られるのを学生たちが追いかけていろいろ話を聞いていました。学生たちは講座で教えて頂いたステップをアレンジし、さっそく地域の保育園児を対象とした交流活動で活用していました。学生たちは、体験的に学習したことを、今度は子どもたちとの活動で活用してくれています。

 

 

子ども発達学科教員・実習指導室助手

 

2013/03/07
このページの先頭へ
相愛大学ホームページはこちら
こども発達学科ホームページはこちら