子ども発達学科ブログ

SOAI OFFICIAL BLOG 相愛大学 トップページへ
2013年10月

「のまりんの紙芝居劇場」に地域の小さなお客様170名きたる!

 今年も「のまりんの紙芝居劇場」を地域の保育施設対象に開催しました。
 アスール幼稚園、きのみむすび保育園、グレース保育園、南港東保育園、ポートタウン保育園から170名余りの園児たちと先生方が参加してくださいました。本学のキャンパスに可愛い園バスが停まり、元気な子どもたちの声があふれました。
 

 のまりん先生の導入は、子どもたちが大好きな手あそび「ひげじいさん」からです。

noma1.JPG いよいよ「のまりんの紙芝居劇場」の、はじまりはじまり~。
 紙芝居が始まると、子どもたちはたちまち集中!食い入るように紙芝居を見ています。

noma2.JPG♪「まっかなお鼻の~トナカイさんは~」

  noma3.JPG  noma4.JPG

 すると、赤いお鼻がポロリ。子どもたちも先生方も大爆笑!

 

 のまりん先生の、とても豊かな表情や声による演出で、子どもたちはお話の世界を存分に味わっていました。子どもたちも引率の先生方も大喜びでした。

  noma5.JPG     noma6.JPG

noma7.JPG

『のまりん先生、たくさんの感動をありがとうございました。』

 

 

子ども発達学科教員・実習指導室助手

2013/10/31
このページの先頭へ

「おもしろスキルアップ講座」恒例 "のまりん先生"登場!

 子ども発達学科では、保育所や幼稚園、小学校の先生という保育・教育職を目指す学生の育成のため、カリキュラムの授業以外で、プロに学ぶスキルアップ講座を多数開講しています。

 今年も"先生"として就職の決まった4回生を中心に、"のまりん先生"から子ども達に感動を届ける紙芝居の演じ方の技を学びました。

 のまりん先生は紙芝居の達人で、11月でなんと73歳になられます。

 可愛いチェックの赤いシャツに、笑顔が最高に素敵な先生です。

のまり①.JPG   のまり②.JPG

 紙芝居が始まると、たちまち、のまりん先生が演じる紙芝居の世界に引き込まれ、皆が自然と笑顔になります。

 楽しい場面では大爆笑。さすが、達人!

のまり③.JPG

保育演習室が、あっという間に紙芝居劇場に変わりました。

のまり④.JPG   小学生からの、感想をつづった手紙を紹介しながら「やりがい」について語ってくださいました。

のまり⑤.JPG

私たち観客(4回生や教職員)は、のまりん先生からたくさんの感動を届けていただきました。

のまり⑥.JPG

そして、感動を届ける紙芝居の演じ方ついても、わかりやすく教えていただきました。

のまり⑦.JPG

 と同時に、先生として、親として、どのように子どもたちと向き合うことが子どもにとっての幸せなのかについても、ご自身の小学校教員としての体験談などを通してお話し下さいました。

 4回生にとって、充実した学びの場となりました。

 

子ども発達学科教員・実習指導室助手

2013/10/28
このページの先頭へ
相愛大学ホームページはこちら
こども発達学科ホームページはこちら