子ども発達学科ブログ

SOAI OFFICIAL BLOG 相愛大学 トップページへ
2013年12月

穂刈り&脱穀体験

稲刈りから数日。

弥生時代の稲の穂刈りを体験しました。

よく干した稲束から稲穂を手作りの石包丁で刈り取ります。

最初は戸惑っていた学生たちも、だんだんとコツがつかめてきた様子です。

脱穀①.JPG

(弥生時代は田んぼで穂刈りをしていたそうですが、園児との「稲刈り体験」と「天日干し」のために、今回は根元から稲刈りしていました。)

稲穂を刈り取ったら、いよいよ脱穀です。

竹の定規で稲穂を押さえて脱穀。

定規で押さえる手と稲穂を引っ張る手との力の加減がむずかしく、みんな苦戦していました。

脱穀③.JPG

「古代人も、こういうやり方をしていたのかな?」

 

脱穀して、籾(もみ)が出来ました!

いまは、籾すり機などであっという間に出来ますが、昔の人は大変だったでしょうね。

脱穀④.JPG

初めての作業を体験して、みんな満足の表情です。

脱穀②.JPG

 

子ども発達学科教員・実習指導室助手

2013/12/24
このページの先頭へ

授業実践報告:相愛キャンパスで稲刈り!!

この日、"相愛ビオトープとあそびの里山"にある"たんぼ&ため池ゾーン"で、子ども発達学科3回生、4回生(有志)が、7月に一緒に田植え体験をした、きのみ保育園・きのみむすび保育園の園児を招いて、稲刈りをしました。その様子を紹介します。

 

稲刈り準備完了!

あとは、園児たちの到着を待つばかりです。

イネ⑦.JPG

稲刈り直前の相愛田んぼです。

「田んぼ」が出来て1年目の米づくり。台風や害虫に襲われ、土づくりや日照不足の問題にも直面しましたが、なんとか稲刈りを迎えることができました。 イネ⑩.JPGのサムネール画像

 子どもたちがやってきました。

「ぼくたちの田植えした稲、お米ができてるかな~!」

イネ④.JPG

一緒に田植えをした子どもたちを前に、稲刈りに挑戦です!

イネ①.JPG

初めて稲刈りを体験する学生がほとんどです。経験のある学生に手本をみせてもらって、稲刈り開始です。

イネ②.JPG

刈った稲を、学生が束ねて子どもたちに手渡していきます。

イネ⑧.JPG  イネ⑨.JPG

稲の束を手にした子どもたちは、自分たちが田植えした稲の苗が稲穂をつけたことに大喜びで、友達と見せ合いっこしたり、先生たちに見せに行ったりしていました。

「これ、本当にごはんになるの?!」

イネ③.JPG

「イェ~~イ!」「お米ができたよ!」

イネ⑤.JPG

最後は、稲束を手にして、みんなそろって記念撮影をしました!

イネ⑥.JPG

この後、稲をじっくりと天日干しします。

乾燥したら、次は脱穀の作業です。

その様子は、次回、報告します。

 

子ども発達学科教員・実習指導室助手

 

 

2013/12/17
このページの先頭へ

子ども発達学科 自然観察日記vol.8

先日、ビオトープサポーターが収穫してくれたサツマイモ。

IMG_6169.JPG  IMG_6165.JPG

 

そのサツマイモをつかって、学生たちがスイートポテトを作りました。

レンジで蒸し、しっかりとつぶしていきます。

男子学生も懸命に調理に参加していました。

IMG_2317.JPG

IMG_2320.JPG

牛乳、砂糖を加えて型に入れ、トースターで焼きます。

IMG_2337.JPG

教室の外の廊下にまで、甘いいい香りが・・・

 

IMG_2326.JPG

出来上がりです!!

いい具合に焦げ目もついています。

IMG_2327.JPG

実習指導室にも学生たちが届けてくれ、教職員みんなで頂きました。

甘くて、とっても美味しかったです。

IMG_2328.JPG

自分たちで育て、収穫した芋で作ったスイートポテト。

特別な美味しさでしたね。

 

ごちそうさまでした。

 

実習指導室 助手

2013/12/04
このページの先頭へ
相愛大学ホームページはこちら
こども発達学科ホームページはこちら