子ども発達学科ブログ

SOAI OFFICIAL BLOG 相愛大学 トップページへ
2014年1月

地域の保育・教育施設と連携した授業の紹介

 子ども発達学科では、地域の保育園や幼稚園、小学校と連携した授業を展開しています。学生たちが保育・教育施設を訪問したり、子どもたちに大学に来てもらい授業を行ったりしています。

 この日は、大阪市立南港緑小学校1年生が「子どもの遊びと文化」の授業に参画しました。小学生との実践は初の試みです。
 
 

実践のようすを紹介します。
 

◇まずは、「あたまであくしゅ」の歌で、はじめましてのご挨拶です。 小①.JPGはじめは少し緊張気味だった学生・子どもたちにも、だんだんと笑顔がみられてきました。
小②.JPG  小③.JPG  小④.JPG    


◇音楽にあわせて、ダンスの実践を行いました。
 曲は、子どもたちもよく知っている「ドラえもん」の主題歌、perfumeの「未来のミュージアム」です。
 学生たちが指導します。
  小⑤.JPGアップテンポの曲に合わせ、ヒップホップの動きも入っています。少し難しいのではないかと心配しましたが・・・
     小⑥.JPG  小⑦.JPG  
子どもたちからは、「かんたん~!」の声。
その集中力と習得の早さに、学生たちも驚きの様子でした。

 

◇グループに分かれて、動きの創作にもチャレンジ!
意見を出し合い、独創的な動きが完成です。

   小⑧.JPG  PB270741.JPG

  

ダンスの最後は、抱っことたかいたか~い!子どもたちの歓声があがりました。
  小⑨.JPG

「最初は寒かったのに、めっちゃ汗かいたー!」「暑いー!」という声があちこちから聞こえました。一生懸命に頑張った証ですね。

 

◇最後に、マイクで今日の感想を発表してもらいました。

小⑩.JPG
「みんなとダンスできて、すごく楽しかったです」「また踊りたいです」

 

楽しい時間はあっという間に過ぎ、小学校へ帰る時間になりました。
大学の正門までお見送りです。

 小⑪.JPG  小⑫.JPG
小⑬.JPG  
「ばいばーい!また、大学にあそびにきてね!」


 子ども発達学科教員・実習指導室助手

2014/01/22
このページの先頭へ
相愛大学ホームページはこちら
こども発達学科ホームページはこちら