子ども発達学科ブログ

SOAI OFFICIAL BLOG 相愛大学 トップページへ
2014年7月

授業実践報告:相愛キャンパスで田植え体験

P6262129.JPG

"相愛ビオトープとあそびの里山"にある"たんぼ&ため池ゾーン"で、今年も3・4回生が地域の保育園児たちと一緒に田植え体験活動をしました。活動は、①田植え体験、②めだかすくい体験、③泥ねんど体験、そして④虫とり体験の4種類を準備しました。

子どもたちにはもちろん、先生を目指す学生たちにも子どもと一緒の活動を通して豊かな感性を育てて欲しいというねらいを設け、子どもたち2人に1人の学生が付き添い、4種類の活動を円滑に体験できるよう実践計画を立案しました。

当日朝9時半に、きのみ保育園ときのみむすび保育園の子どもたち70余名と先生方が到着。さっそく、担当する学生と自己紹介し、グループ毎に体験開始!あちこちから歓声がおこります!

 

①田植え体験

 田植え体験です。園児や学生たちにとっても「初めての体験」の人が多かったようです。

子どもたち全員が体験できるよう、苗を植える目印用の赤いリボン付きの紐を準備しました。お兄ちゃん・お姉ちゃんと泥の中に手を突っ込み植えます。農業科出身の学生が付きっきりで指導。

順番に全員体験することが出来ました。

DSC_8690.JPG

 DSC_0083.JPG  DSC_8868.JPG

 

②メダカすくい体験

 ため池ゾーンにはこの春生まれたちっちゃなメダカがたくさんいます。子どもたちは網を片手に水面をじっと見つめて達成感を味わっていました。はじめは、うまくすくえなかったのに、だんだんコツをつかんで、うまくすくえるようになりました。

 P6260139.JPG  DSC_0048.JPG

メダカそっちのけにして、モノアラガイやアメンボをとることに熱中する子。アオミドロが珍しくて「のりみたい~」と喜ぶ園児もいました。

メダカすくい体験ですが水辺の生き物への関心はそれぞれ。とれたメダカやアメンボ、貝を水槽にいれてじっくり観察。みんなとても満足そうでした。

観察後は、ため池ゾーンに逃がしてやりました。

 

③泥ねんど体験

 ため池ゾーンの隣にある東屋では田んぼの土のねんどで、泥ねんど体験です。教材の粘土しか触ったことがない子どもたちは最初、水加減がわからない様子でした。ねんどに水を加えて固さを調節するコツをつかむと、おだんごや動物、人形を次々つくって楽しんでいました。

 P6262106.JPG  DSC_0075.JPG  

  園児が試行錯誤しながらコツをつかんでいく様子を見守った学生たちは、「ただ教える」のではない支援の大切さを実感したようです。

 

④虫とり体験

"山の畑ゾーン"の周りは草原です。それに続く"相愛の森"には色々な虫がいます。子どもたちは 虫とり網でつかまえたチョウやバッタを虫かごにいれて、大切そうに何度もながめていました。

もちろん最後は自然へかえしてやりましたよ。

 P6255774.JPG  P6262128.JPG

 

最後はみんなそろって相愛ビオトープの前で記念写真を撮りました。

DSC_8882.JPG

  笑顔いっぱいの一日になりました。

 

子ども発達学科教員・実習指導室助手

2014/07/21
このページの先頭へ

人間発達学部プロジェクト型活動 「相愛キャンパスで里山体験」を実施しました。

 先日実施しました人間発達学部プロジェクト型活動「相愛キャンパスで里山体験」の様子を写真でご紹介します。このプロジェクトは南港地域の小学生(親子)を対象に企画実践をしています。

 この日は、「チョウと田んぼ・ため池の生き物を観察しよう」と題して、緑あふれる相愛大学南港キャンパスにて子ども発達学科学生スタッフと子どもたちが自然探検・生き物の観察等を行いました。

 P6080084.JPG  P6080074.JPG

 P6080139.JPG   IMG_5423.JPG

 CIMG0585.JPG   IMG_2804.JPG
 P6080047.JPG  P6080061.JPG

 IMG_5486.JPG   IMG_5492.JPG

 IMG_5597.JPG   CIMG0042.JPG

 IMG_5502.JPG  IMG_5513.JPG

 IMG_5521.JPG   IMG_5554.JPG

 IMG_5527.JPG   IMG_5533.JPG

P6080217.JPG

 

 子ども発達学科実習指導室助手

2014/07/07
このページの先頭へ
相愛大学ホームページはこちら
こども発達学科ホームページはこちら