基礎の徹底と現場経験を重視した カリキュラムで、
「食」と「栄養」のスペシャリストを育成します。

学びのキーワードは「食」「発達」「健康」

基礎と現場経験を重視したカリキュラムのもと、食環境の課題発見・解決のための専門知識と実践力を養い、管理栄養士や栄養教諭の資格取得をめざします。企業や官公庁と連携した食育事業に取り組むことで「人間力」も育成。一人ひとりの人間の発達段階や栄養状態にあった栄養マネジメントをベースに幅広い領域で活躍できる「食」と「栄養」の専門家を育てます。

Point 01少人数制グループ授業

細やかな指導で、学習効果をアップ。

グループに分かれて授業を実施。一人ひとりの学生に的確な指導を行うことで、学習効果を高めます。

Point 02地域連携事業

地域と連携した事業で実践的に学ぶ。

官公庁、企業、地域と連携して、食育の普及をめざす地域連携事業を展開。学びを実践する貴重な機会となっています。

Point 03管理栄養士国家試験対策

1回生から試験対策を徹底サポート。

管理栄養士国家試験対策は1回生からスタートし、3、4回生には試験対策科目を開講。強力なサポート体制を整えています。

Point 04最新の施設・設備

時代のニーズに応える、最新機器を完備。

科学的根拠の解明に必要な最新機器を備えた「精密機器室」や「食品栄養実習室」を完備しています。

カリキュラム

専任教員からの学科紹介

食や栄養に関わるニーズが多様な今日。社会が求める実践力を育てます。

管理栄養士には、傷病者に対する療養に必要な栄養の指導など高度な業務での活躍が期待されています。そのため、医療における栄養の専門家としての知識や技術が求められます。1回生で担当する生理学で人体の構造や機能、疾病の成り立ちについて十分に理解してもらい、実際に患者さんの食事や栄養の管理、栄養指導が出来るように3回生の臨床栄養学へとつなぎます。

藤本 繁夫 教授

食事や栄養管理の基礎となる調理学

1回生で食品の栄養的な知識、基本的な調理操作を習得し、安全面、衛生面に配慮した調理ができる能力を養います。講義を受けてから実習を行い、理論と技術を結び付けます。必要な栄養をバランスよく摂取出来る、健康に配慮した献立作成の力を養います。

杉山 文 講師

特色ある授業

『食育総論』1回生

食育総論では、幼児・学童期から高齢者までライフステージ別の食育について、各分野の教員が解説します。また「食の専門家」である3名の客員教授の講義もあります。

『産官学食育実践演習』1回生

産官学食育実践演習では、食品企業等に出向いて施設見学や講義・体験学習 など多彩な食育の実践活動を行います。3日間の演習を通して学生の実践力 やコミュニケーション力の向上を図ります。 大阪ガス(株)ではエコクッキングなど環境教育を、大阪市中央卸売市場本場では食品の流通と食の安全・安心の教育を、カゴメ(株)では食品企業の食育を学びます。

大阪ガス(株)でのエコクッキング
カゴメ(株)での講義
大阪市中央卸売市場本場での青果物せり
中央卸売市場食品衛生検査所での食品衛生の講義

『栄養教育論』2回生

栄養教育論では、行動理論や、栄養教育の方法を学びます。
実習では、総仕上げとして地域の子どもたちを対象とした「食育推進キャンペーン」を計画し、全員の学生が実践します。

理論を学ぶ『栄養教育論』
実習で計画し、媒体を作成『栄養教育論実習』
地域の子どもたちを対象に実践
「食育推進キャンペーン」

『臨床栄養学』3回生

臨床栄養学では、病人を対象とした評価やケアの方法を学びます。大阪府立急性期・総合医療センターで総仕上げとして「糖尿病フェスタ」に全員の学生が参加し、糖尿病を予防する食生活について発表します。

理論を学ぶ『臨床栄養学』
実習で模擬患者を想定し、栄養指導『臨床栄養学実習』
臨床現場で実践「糖尿病フェスタ」
大阪府立急性期・総合医療センターと連携

地域連携

商品開発

とんかつKYK

14種類の野菜を使った “野菜彩りかつ弁当” を 販売、売り上げ好調 !!

京阪百貨店開業30周年食育事業として、「とんかつKYK」とコラボし、春の行楽弁当『野菜彩 りかつ弁当』を開発。京阪百貨店で販売され大好評でした。

福寿堂秀信

新感覚の和菓子“MONAKARON(もなかろん)”を発案!!

京阪百貨店開業30周年食育事業として、和菓子の老舗「福壽堂秀信」とコラボし、洋菓子のマカロンと最中(もなか)を組み合わせた「MONAKARON(もなかろん)」を開発、京阪百貨店で販売されました。パステルカラーの最中の皮、中に詰める餡の種類、味、パッケージなどすべてにこだわりました。

懐石料理「徳」

老舗料亭「徳」とのコラボ弁当開発第3弾!!

老舗料亭「徳」とコラボしたお弁当開発第3弾として、2・3回生を中心に3種類のお弁当を開発。学生はストアコンパリゾン(競合店調査)等のノウハウを学んだあと、フェイスブック上で情報交換を繰り返し、お客様が求めるものを適切な価格で提供することを目標に商品を開発しました。

「相愛大学」と老舗料亭「徳」がコラボ!
絶品カレー 大好評でした

老舗料亭「徳」と1回生5人がレトルトカレーの開発に挑戦。市販レトルトカレーの調査・試食、メイン食材の検討やパッケージデザインの企画等を半年以上の時間をかけて開発担当者とともに実施し、今までにない美味しさを追求したレトルトカレーが完成しました。

参加学生の声

全てがはじめての経験で、一つの新しい商品を作るには時間や発想力等が必要だと学ぶことができました。楽しく良い経験となり、カレーがもっと好きになりました!

懐石料理「徳」

相愛大学 & 京阪百貨店

管理栄養士を目指す相愛大学発達栄養学科の学生は、京阪百貨店開業30周年「秋の大感謝祭」に、京阪百貨店で人気のお店、「マリー・カトリーヌ」、「とんかつKYK」、「福壽堂秀信」とコラボレーションし、商品を開発しました。
「食欲の秋」や「健康の秋」を意識した秋らしい美味が出来上がりました。
また、京阪百貨店開業30周年特別企画として、発達栄養学科の学生と京阪百貨店のコラボによるご家族三世代で楽しめるおせち料理も開発しました。

受賞作品紹介

お弁当・お惣菜大賞2015(優秀賞)

惣菜・べんとうグランプリ2015(優秀賞)

惣菜・べんとうグランプリ2015(入選)

第13回 愛情お弁当コンテスト(特別賞)

オムライス甲子園(グランプリ)

オムライス甲子園(優秀賞)

カゴメ杯ソースメニュー選手権(3人入賞)

「産官学」連携による食育プロジェクト

※「産官学」とは、食品企業・地方自治体・大学のことをいう。

「相愛大学&大阪ガス」食育プロジェクト

大阪ガス

第1弾 おいしい・ヘルシークッキング for 男子

栄養や食に関する学びの時間や機会の少ない男性を対象に、「大阪ガス(株)」とコラボした講座を大阪ガスクッキングスクール淀屋橋において3回開催しました。

第2弾 キレイと健康を手に入れよう♪食からはじめる自分磨きのクッキング for 女子

女性が自らの健康な食事のあり方を考え、正しい栄養・食生活の知識やスキルを身につけるために、2回開催しました。

第1弾・2弾ともに管理栄養士をめざす4回生は企画から携わり、学生レポ!「日常に活かせる食情報」を担当し大好評でした。

「食と防災シンポジウム~備えてまっか~!まさかの時の食」

パネルディスカッション

9月の「防災月間」に食と防災の視点から自助(個人)、共助(地域、大学)、公助(行政、病院)の必要性の理解を深めるためのシンポジウムを、相愛大学は近畿農政局大阪地域センターと大阪府等と共催で開催しました。

マジごはんby OSAKA食育ヤングリーダーフォーラム

相愛大学学生の発表

若い人たちがマジな食生活について考え、実践するきっかけづくりを推進する産学官連携によるプロジェクトを立ち上げ、高校生や大学生の食育活動を支援。その活動報告を中心とした食育フォーラムを、相愛大学は近畿農政局大阪地域センターと大阪府等と共催で開催しました。

リエゾンキッチンサイエンススタジオを活用したPA(プロジェクト型アクティビティ)

平成26年度から「相愛大学人間発達学部プロジェクト型活動」を実施しており、発達栄養学科では平成26年度文部科学省私立大学等教育研究活性化設備整備事業の採択を受けて地域に開放されたキッチンスタジオとして五号館104室に整備した「相愛大学リエゾンキッチンサイエンススタジオ」を開設しました。このスタジオにおいて「食品科学実験シリーズ」として様々な取組みを行っています。

リエゾンキッチンサイエンススタジオ
紀の里のうめで梅干しを作ろう!

管理栄養士国家試験対策

教員も全面的にバックアップ、管理栄養士国家試験対策

講義、演習、模擬試験、個人面談などさまざまな対策を、4年間を通して段階的に行います。
一緒に合格をめざしましょう。

充実した管理栄養士国家試験サポート体制

・2ヶ月に一度の全国統一外部模試で全国における学生の実力を詳細に判定
・発達栄養学科専任教員による全国模試の結果に基づいた科目別・習熟度別少人数制指導
・3回生までに学んだ基礎教科の再学習・重点的指導
・外部講師による短期集中型の国家試験対策講座
・発達栄養学科専任教師による年間を通した国家試験講座
・大手予備校の講師による学内国家試験対策講座

国家試験対策

国家試験対策演習室での学習
グループに よる自主学習

教員紹介

●坂本 廣子客員教授
●鷺岡 和徳客員教授
●湯木 潤治客員教授
●宮谷 秀一客員教授
品川 英朗教授

(病理学/ライフステージ栄養学/ライフステージ栄養学実習)

  
庄條 愛子教授

(食品学/食品学実験/食品学実習)

⻆谷 勲教授

(給食経営管理論/給食経営管理実習)

多門 隆子教授

(公衆栄養学/公衆栄養学実習/産官学食育実践実習/食育総論)

藤本 繁夫教授

(生理学/解剖生理学実験)

水野 淨子教授

(生化学/生化学実験/微生物学)

村井 陽子教授

(栄養教育論/栄養教育論実習/栄養教育演習/栄養教育実習)

竹山 育子准教授

(臨床栄養学/臨床栄養学実習/臨床栄養カウンセリング論)

今井 ももこ講師

(基礎栄養学/基礎栄養学実験/発達栄養生化学)

岸田 由岐講師

(臨床栄養学/臨床栄養学実習/食育総論)

杉山 文講師

(調理学/調理学実習/製菓実習)

古川 和子講師

(健康管理論/公衆栄養学/食育総論)

●堀野 成代助手
●植益 有貴助手
●寺川 舞助手
●大川 さなえ助手
●森川 愛美助手

めざせる進路取得可能な免許

取得可能な資格

●管理栄養士[受験資格]●栄養士●栄養教諭一種免許状●食品衛生管理者[任用資格] 及び 食品衛生監視員[任用資格]●NR・サプリメントアドバイザー[受験資格]

卒業後の進路

●病院●福祉施設(児童福祉施設・特別養護老人ホーム)●教育機関●公務員● フードサービス(受託給食会社)●薬局●企業(食品・スポーツ関連)●大学院進学 など

在学生の声

食のスペシャリストをめざして

伊藤 瑠美 さん

発達栄養学科4回生 相愛高等学校出身

管理栄養士の資格取得のために食に関する基礎を教えていただきました。また、現場経験を重視した「商品開発」で成長の機会が多く与えられていることも魅力です。知識と実践力を身につけ、食のスペシャリストになりたいです。

卒業生の声

足立 由美 さん

社会福祉法人あじろぎ会 宇治病院
管理栄養士 平成23年度卒業

大学で学んだことで現在の職業に活かされていること

臨床栄養学では、栄養管理計画書の書き方や治療食の展開など、病院栄養士の仕事に直結する講義・実習が多く、患者様の栄養管理におけるアセスメントや多職種共同での食事検討などに役立っています。また、卒業研究で取り組んだヘルシーダイエット教室では、実際に参加者と関わり食事調査や減量に向けての目標設定を行うため、栄養相談・指導における患者様との関わり方や食事療法を段階的に進めていく上で非常に貴重な経験となりました。

受験生へのメッセージ

発達栄養学科は、ダイエット教室や産学官連携など実践的な取り組みが充実している点で魅力的です。また、国家試験対策においては、先生方が勉強の捗る環境を整えてくださったり、対策講座・個別相談の時間を充分に設け、分からないところは噛み砕いて理解しやすく説明してくださったりと、試験本番に向けてしっかりと温かくサポートしてくださいます。

田中 康博 さん

株式会社やさしい手イースト
管理栄養士 サービス提供責任者 平成23年度卒業

大学で学んだことで現在の職業に活かされていること

現在福祉の仕事に就いています。利用者さんのご自宅を訪問したときに授業で学んだ臨床栄養学、栄養教育論、応用栄養学の知識がいかされます。介護支援専門員 (ケアマネージャー)や訪問看護師など他職種の方から栄養について質問されます。 専門知識をわかりやすく説明することを心がけています。また、学生時代に授業で 行ったプレゼンテーションがケアマネージャーさんやヘルパーさんたちを対象とした勉強会で話をするときに役立っています。

受験生へのメッセージ

管理栄養士の仕事は多岐にわたっています。いろいろな職場で活躍することができます。発達栄養学科は、実践的な授業や取り組みがたくさんあります。また、卒業後、すぐに実践できるように指導してくださいます。さらに、学生個人に合わせた個別指導も充実しているので、私は相愛で学んでよかったと思っています。