相愛大学 めざせ食育のできる 管理栄養士ブログ

相愛大学ホームページはこちら
2015年9月

産官学食育実践演習を行いました!Part3

3日目は青果物と水産物などの卸売市場である
「大阪市中央卸売市場本場」に出かけました。


始めに初物のりんごのセリを見学し、その威勢のよさに驚きました。

DSC02374_R.JPG
果物売り場では、新鮮なプラム、桃、ぶどう、みかんなどを見て
美味しそうと興奮気味でした。

DSC02376_R.JPGのサムネール画像
鮮魚売り場では、
タコの雄雌の見分け方を教えていただいたり
卵を見せてもらいました。

DSC02378_R.JPG
市場見学の後は
株式会社うおいちの土屋豊様による
「中央卸売市場と最近のお魚事情」について講義していただきました。

DSC02384_R.JPG
その後、香川県大阪事務所とJA香川さんのご協力で
手打ちうどんに挑戦しました。


香川県大阪事務所主任の金場香織様による
デモンストレーションのあと
学生たちは自分のうどんを打ちました。

DSC02385_R.JPG

小麦粉と食塩水を良く混ぜたあと、足で踏んでこねました。

DSC02390_R.JPGねかして伸ばして切り出して

DSC02397_R.JPG茹でたあと、香川県産の青ネギとミニトマトをトッピングし
みんなでおいしくいただきました。

DSC02404_R.JPG

その後、大阪市中央卸売市場本場
食品衛生検査所の所長 奥原潤先生より
「市場における食品取扱の衛生管理について」
講義をいただきました。

DSC02410_R.JPG
学生からは
セリはテレビで見たことがありましたが、すごく迫力があり驚きました。
食品衛生検査所では、安全な食品を流通させるため、早朝から監視の目を光らせてくれている。
この監視員の方たちのお蔭で、
私たちは安心して安全な食品を食べられるのだと感謝しました
などの感想がありました。


                                        公衆栄養研究室   堀野

2015.09.11
このページの先頭へ

産官学食育実践演習を行いました!Part2

2日目はカゴメ(株)大阪支店で
「食品企業における食育」として演習を行いました。

 
まず、営業推進部 部長の簗田様より
体内化のユニークなご挨拶をいただきました。

DSC02322_R.JPG
次に、フードプランナーで管理栄養士の杉本優子先生のご指導で
食育料理教室として「オムライス検定」に挑戦しました。

このオムライス検定は1級から3級まであり
1級は全国で4人しかいないそうです。
その一人が今日指導してくださった杉本優子先生です。

杉本先生の体験がにじみ出たお話に学生も聞き入っていました。

DSC02327_R.JPG

さあ、検定の始まりです。
玉ねぎやピーマンの大きさを考えて切り、炒めています。
炒め具合はどうかな?
味付けは?

みんな真剣に取り組んでいます。

DSC02335_R.JPG
上手にオムライスができました(^o^)V

DSC02342_R.JPG
先生用にと作ってくれました。
きっとオムライス検定に合格するでしょう!

DSC02347_R.JPG


午後は体内環境正常化チームリーダーの萩巣様より
「野菜の効用」について講義をしていただきました。

DSC02349_R.JPG


次に杉本管理栄養士様より
「カゴメの食育活動」として
食品企業が取り組んでおられる食育について伺いました。

DSC02359_R.JPGのサムネール画像

そのひとつとしての
「カゴメ劇場」は
1972年以来、毎年夏休みに開催されているそうで
子どもの頃、見たことがある学生もいたのでは・・・


学生からは
杉本管理栄養士様のお話を聞きとても感動しました。
杉本先生のような管理栄養士を目指したい。
また、カゴメ様のボランティアがあればぜひ参加したいとの感想が多く寄せられました。


学生の皆さん
杉本様のような情熱のある管理栄養士になってくださいね。

 

                                        公衆栄養学研究室   堀野

2015.09.10
このページの先頭へ

食品学実習 夏季工場見学 キューピー伊丹工場にお邪魔しました

台風接近に伴う、風の強い一日です

食品学実習で今年度から実施している、夏季の学外工場見学
昨日は、キューピー伊丹工場にお邪魔しました

本学学生のみを対象とした教室を準備して頂き、
教室後部では、ハロウィンキューピーちゃんが
レシピ解説のお仕事をしていました
20150909 1_R.jpg講義のあとは早速、工場見学に出発です
20150909 2_R.jpgどの工程も非常に興味深かったのですが、
教員を含め、みんなの目はやはり、自動割卵器にくぎ付けでした

個人的にはマヨネーズ充填前のからボトルを
せっせとならべるロボットの姿に感動しました

キッチンに移動後は、キューピーで販売しているすべてのマヨネーズ、
マーマレードなどと混ぜたディップの試食を行いました

工場見学後は伊丹工場が、国内で一番大きいマヨネーズ生産拠点であること、
一日に作るマヨネーズは25mプール一杯分などを学習しました

映画鑑賞では、日本におけるマヨネーズの歴史、マヨネーズの抗菌作用など
今まで何気なく食べていたマヨネーズについて、さらに学習することができました

最後にキューピーちゃん、たらこキューピーとともに
参加者みんなで、パチリ
20150909 3_R.jpg身近な調味料であるマヨネーズと卵を使った加工について、
たくさん学ぶことができました

本見学にご協力頂きましたキューピー伊丹工場の皆様、
見学などご指導頂きました先生、誠に有難うございました

庄條・小林

2015.09.09
このページの先頭へ

産官学食育実践演習を行いました Part1

「産官学食育実践演習」とは
食育の実践に関する講義や演習を多方面から行う科目で
1回生を対象に9月初旬に開講しています。

1日目は「エネルギー環境教育」をテーマに
大阪ガス(株)のハグミュージアムへ出かけました。

最初に大阪地域共創チームマネージャーの冨田寛司様のご挨拶をいただき

DSC02203_R.JPG

次に「次世代向け活動について」と題して菊池陽子様より講義を受けました。

DSC02205_R.JPG

そして「エコ・クッキング」とは?
「エコ・クッキング」における
買い物・調理・片づけのポイント!等を
学び実習に入りました。


どの部分まで食べられるかな?
生ごみをたくさん出さないように切り方を考えて!

DSC02216_R.JPG

火加減にも気を配り
エネルギーを上手に使って!


メニューはごはん、みそ汁、野菜炒め、
だしをとった後のカツオでふりかけも作りました。

DSC02243_R.JPG

片づけも水を汚さないよう
食器を古布で拭き取ってから洗いました。


最後にグループごとにガス使用量、水道使用量、生ごみ量がモニターに写し出され
エコ・クッキング成果の順位が発表されました。

DSC02252_R.JPG
午後のショールームの体感ツアーでは
発電システムなどの説明を受けました。

DSC02289_R.JPG


最新のガス調理器の体験では
リモコンで着火や火力調節ができ
驚きの歓声があがりました。

DSC02266_R.JPG


また、ガス器具体験コーナーでは
ピザを作り
おいしく、いただきました。

DSC02305_R.JPG


最後にクッキングスクールの先生から
脳と食育・食で育む「からだ・脳・こころ」
について講義していただきました。

DSC02317_R.JPG

 

学生からは
今までキャベツの芯は捨てていたけれど、おいしく食べられることが分かった。
家でも実践しようと思った。

水も出しっぱなしにしてはいけないことに気が付いた
などの感想がありました。


学生たちはエコ・クッキングに目覚めたようです。

   

                                     公衆栄養研究室  堀野

2015.09.08
このページの先頭へ

食品学実習の学外工場見学を実施しました

今日もカンカンに晴れたと思ったら、雨がチラチラ
不安定なお天気の一日でした

本年度から「食品学実習」の一環として、
夏期休暇中に工場見学を実施しています

2回目あたる本日は「米の加工」を学ぶため、京都おたべ本館での
おたべ手づくり体験道場に参加しました

おたべ本館 入り口のウェルカムボードに
かわいいイラストともに歓迎メッセージを書いていただきました!
201510904 1_R.jpg本館2階にある体験道場で、先生から八つ橋についての講義をうけ、
米粉と砂糖を水で均一に溶いて蒸し、生地を作ります
201510904 2_R.jpg
よ~く混ぜてくださいよ

生地を蒸している間に工場見学、生八つ橋の原料、
製造工程、製造ラインなどについて講義して頂きました

蒸しあがった生地には砂糖を混ぜて捏ね、伸ばして好みのあんを包みます
201510904 3_R.jpg
いろんな抜型も使って、オリジナル生八つ橋の出来上がり
201510904 4_R.jpg
各班でお抹茶を点てて、お待ちかねの試食!
201510904 5_R.jpg
最後におたべちゃんを囲んで、参加者みんなでパチリ
201510904 6_R.jpg
京都みやげとしてよく知っている生八つ橋を手作りすることで、
米粉の加工についての知識を高めることができたのではないでしょうか

本見学にご協力頂きましたおたべ本館の皆様、
誠にありがとうございました

食品学実習 庄條・小林
2015.09.04
このページの先頭へ

神戸大学 食資源教育研究センターの演習に参加しました!

激しい雨が降ったり、晴れたりの天気が続きます
朝晩は冷え込みますので、風邪に注意です!

本日は8月31日~9月2日の3日間に実施された
神戸大学大学院農学研究科附属 食資源教育研究センター
「農場と食卓をつなぐフィールド演習」の様子をご紹介致します

相愛大学からは2日目から2回生 8人、3日目の午後から
2回生 7人の計15人が本演習に参加しました

最寄り駅である北条鉄道 法華口駅の趣きのある駅舎前で
3日目午後の参加者の皆さんをパチリ
20150903 1_R.jpgトトロが出そうな雰囲気でした

食資源センターまで徒歩でのんびりと移動した後、
2日目から参加していた学生と合流し、演習に参加しました

牛の飼料用トウモロコシの説明をうけ、生のトウモロコシをかじってみたり
20150903 2_R.jpg演習を指導してくださった伊藤先生と堆肥の山に登ってみたり
20150903 3_R.jpg最後は放牧中の牛を背景にパチリ
20150903 4_R.jpg帰途は三ノ宮駅前までお送り頂きました

果物の木はどんなふうに生えているのか、畑にはどんな雑草が生えているのか、
ウシはどんな環境で飼育されているのか

食べ物が生産される環境、様子を
身をもって学習することができたのではないでしょうか

本演習での学習に御協力頂きました神戸大学 食資源教育研究センターの
先生方、職員の皆様、誠にありがとうございました

庄條

2015.09.03
このページの先頭へ