革新02 アートプロデュース専攻を新設

革新02

アートプロデュース専攻を新設

アーティストと観客の
架け橋になってほしい

音楽のほかに、アートプロデュースに必要な企画デザイン・コンテンツ制作・音響技術を学びます。
企業とのコラボレーションなど実践的な学びを通して、イベントを成功に導くプロデューサーを育成します。

アーティストと観客の架け橋になってほしい

TOPICS 1

ゼミ形式で専門性を深める

学生一人ひとりの理解度を把握しながら専門性を深め、主体的に考える力を育成します。実際に学生が互いに意見を述べ合うことで自分の考えを披露する場を設け、ディスカッションを適して仲間との絆も深めています。学外研究発表にも積極的に参加し、エンターテイメントコンピューティング(EC)などに出場・出展します。

ゼミ形式で専門性を深める

TOPICS 2

デジタルコンテンツ制作や
録音技術の実践

楽曲演奏・作曲の基礎だけでなく、テクノロジーを用いた作品制作を体験します。音響・映像演出を支えるビジュアル・プログラミング・ソフトウエアのMaxを使用。ProToolsを用いたデジタル録音や音響技術、舞台機構調整技能士検定試験受験に必要な知識やスキルを学びます。

デジタルコンテンツ制作や録音技術の実践

TOPICS 3

学内外でのイベント

各種イベントのプロデュースを学生自ら実践します。一人ひとりが積極的に動いてチームワークで業務に取り組み、仕事の進め方を身につけます。また、広報・プロモーション活動も行っています。これらの業務・活動を通して、さまざまな現場で対応できる力を養います。本番前には模擬会場として本町学舎のアンサンブルスタジオを利用することができます。

学内外でのイベント

幅広い音楽の知識を学び、
アートプロデュース力を養うことで、
音楽全体を作る道へ

  • 音楽制作
    プロデューサー

  • 音楽制作
    ディレクター

  • 音楽ホール
    担当者

  • 音楽イベント
    企画者、
    音響スタッフ

  • 舞台機構
    調整技能士

  • レコーディング
    ミキサー

入学希望者

音楽学部・音楽学科
アートプロデュース専攻
志望のAさん

私はアートプロデュース専攻を志望しています。将来コンサートや音楽イベントの企画をしたくて、この専攻の受験を決めました。プロデュースする上で、コンサートのテーマとなるクラシック音楽の作品や作曲家についてあまり知らないことに気がつきました。なぜこの作曲家の作品をコンサートで取り上げるのかとか・・・やはり大事なことだと思います。そこで私は「レコーディング・エディット」「文化政策」「芸術企画研究」といったコンサートをプロデュースするのに必要な専門科目と音楽の専門科目の両方を履修しようと考えています。