相愛大学 音楽学科ブログ

2015年10月

♪フライブルグ音楽大学交流演奏会vol3♪

10/29

本日は10時〜のリハーサル2日目、順調に進んでいます。

29_01.JPG 29_02.JPG
・雅楽/「越天楽」(相愛)
・ヴァーレーズ/「イオニゼーション」(相愛・フライブルグ)
・武満徹/「雨の樹」(相愛)
・三木稔/「マリンバスピリチャル」(相愛・フライブルグ)
・雅楽 芝/「舞風神」(相愛)
・B.ブルフ/「tatami」(フライブルグ)
・水野修孝/「鼓」(相愛・フライブルグ)

照明合わせもほぼ終え、本番に向け、ブルフ先生と学生共々頑張っています。

練習後、フライブルグの先生でもあり、バーゼル交響楽団ティンパニー奏者でもある宮崎先生の公開講座を相愛の3人の学生が受講しました。音楽的な表現・音色・奏法・オーケストラスタディと大変充実した時間でした。大感謝!

29_03.JPG夜はノルテ学長の食事会の招待を受け、相愛とフライブルグ音大の友好を更に深める事が出来ました、特に小野先生の雅楽談議には花が咲きました。今日も有意義な1日でした。

29_04.JPG

(音楽学部 教員)

 

 

 

 

2015/10/30
このページの先頭へ

♪フライブルグ音楽大学交流演奏会vol2♪

10/27

本日はカールスルーエ音大にて、シュトックハウゼンや、ノーノに学んだ作曲家「ヘルムート・ラッヘンマン」のマスタークラスを聴講致しました。‼️

代表作品・オペラ「マッチ売りの少女」や、ダルムシュタットでの現代音楽祭などを牽引してきた、ドイツを代表する大作曲家です‼️
27_01.JPG 27_02.JPG
すでに80歳の高齢ですが、自作については完璧に把握し、各楽器の特殊奏法や音色なども自ら再現します。 緊張感のあるレクチャーでした。

夜は「細川俊夫作品」を中心とした、中村功先生(打楽器)カヤ・ハン先生(ピアノ)などのソロやアンサンブルの演奏会‼️を大学の好意で全員を招待して頂きました。

演奏会前には、大学の施設を案内して頂き、恵まれた環境にため息が出ました。
そして偶然にも相愛卒の現在ライプツィヒで勉強中の竹内あすかさんに出会い感激の再会でした。

明日からフライブルグです。「相愛打楽器とフライブルグ音大打楽器の合同コンサート」に向け頑張ります‼️

 

10/28

フライブルグ音大にてリハーサルが始まりました!
フライブルグ駅でサプライズ歓迎を受けました。ブルフ先生の配慮で今日を迎えられたこと大感謝です‼️

28_01.JPG

ヴァーレーズ/「イオニゼーション」と水野修孝/「鼓」
の初日を終え、連日リハーサル漬けです‼️

28_02.JPG

  28_03.JPG

(音楽学部 教員)

 

 

 

  

2015/10/28
このページの先頭へ

♪フライブルグ音楽大学交流演奏会♪

 

10月30日にフライブルグ音楽大学で開催される「相愛大学打楽器クラスとフライブルグ音楽大学打楽器クラスの合同コンサート」に出演するためにいざドイツへ!!


IMG_4323.JPG
IMG_4326.JPG

昨日無事に!フランクフルト経由マンハイムに到着しました。

2日目は相愛打楽器卒業生でハイデルベルグで学んでいる安居先輩の案内で、ハイデルベルグ城に行きました。素晴らしく美しい街でした。

fly2.png

 夜はマンハイム歌劇場で活躍の打楽器奏者野村さん出演の、

「ヘンシェ/DIE   BASSARIDEN」‼️を観劇しました。

内容はギリシャ神話からの題材で、少々難解でしたが、映像と舞台を駆使した3次元の表現方法を取り入れた斬新な演出でした。学生達も観劇‼️感激‼️でした。

furai.png
終演後、相愛大学の先輩で現在マンハイムの音大でoboeを学んでいる西野さんと再会しました。

とても元気で安心致しました。


フライブルグ音楽大学ではブルフ教授や、宮崎教授の指導を受け
本学の打楽器科中谷教授、畑中講師、宮本講師も共に演奏や指導を行います。


少し時差ぼけの模様ですが皆さん元気です。

(音楽学部 教員)

 

 

 

 


 

2015/10/26
このページの先頭へ

山田耕筰先生没後50年記念演奏会

「赤とんぼ」や「この道」で知られる、元本学音楽学部教授・学部長の没後50年を記念し演奏会を開催致します。皆様方のご来場をお待ち申し上げます。

 
flyer_YamadaKosaku_a-01.png












































flyer_YamadaKosaku_b-01.png



2015/10/10
このページの先頭へ
相愛大学ホームページはこちら