相愛大学 音楽学科ブログ

相愛オーケストラ第65回定期演奏会~選抜ソリストを迎えて~

3月3日、いずみホールにて、「相愛オーケストラ第65回定期演奏会~選抜ソリストを迎えて~」が開催されました。ソリストにはオーディションで選ばれた本学の在学生・卒業生3名が登場し、華麗なテクニックと豊かな表現力で当日ご来場いただいた多くの聴衆の方々を魅了しました。
今回は前半に20世紀の作曲家ドビュッシー、コープランドの斬新な協奏曲、後半に19世紀の作曲家、ベートーヴェンの古典的な交響曲第8番という好対照なプログラムとなっており、クラシック音楽の時代によるさまざまな違いをお楽しみいただけたのではないかと思います。
当日は、たくさんのお客様にご来場いただき誠にありがとうございました。

160303_so65_00038.JPG
160303_so65_00079.JPG
160303_so65_00188.JPG
160303_so65_00233.JPG
160303_so65_00254.JPG
日時:2016年3月3日(木)18:30開演(17:30開場)
会場:いずみホール
入場料:全席当日指定 2,000円(17:00より座席指定券と交換)
指揮:梅田 俊明
管弦楽:相愛オーケストラ
プログラム:ドビュッシー/クラリネットと管弦楽のための第1狂詩曲
クラリネット:菅原 瑞紀
ドビュッシー/サクソフォンと管弦楽のための狂詩曲
サクソフォン:松葉 彩
コープランド/クラリネット協奏曲
クラリネット:奥山 芳弘
ベートーヴェン/交響曲第8番ヘ長調作品93

オーケストラ合同研究室

2016/03/04
このページの先頭へ
相愛大学ホームページはこちら