保健管理

保健室

南港学舎近郊の医療機関について

南港者近郊の「医療機関について」は、ポータルサイトからダウンロードできます。(Portal → 学生支援 → 保健室 → 「医療機関について」)

・病院の診療時間は、午前と夕方に分かれています。昼間は診察していない所が多いので注意しましょう。

・体調が悪くなったら、早めに病院に行って受診するようにしましょう。

 

感染症にかかった時の対応について

みなさんが、学校保健安全法に定められた学校感染症と診断された場合、感染拡大を防ぐため、治癒するまでの決められた期間、登校禁止となります。

1. 保健室に連絡
学校感染症と診断されたら、 速やかに保健室に連絡してください。
2. 治療後の手続き
治癒後、医療機関において「登校許可書」または「診断書」に証明してもらい、 登校時に保健室に提出してください。
※「登校許可書」はポータルサイトからダウンロードできます。(Portal → 学生支援 → 保健室 → 「登校許可書」)
学校保健安全法に定める学校感染症一覧
  対象疾病 感染経路 出席停止期間の基準
第1種 エボラ出血熱 血液、分泌物、排泄物(尿、吐血下血)唾液などの飛沫感染 治癒するまで
クリミア ウイルスを保有するダニやウイルスによる感染、感染している家畜・動物・人の血液などの体液に暴露し感染
コンゴ出血熱
痘そう 空気感染 飛沫感染 接触感染
南米出血熱 空気感染 飛沫感染 接触感染
ペスト ウイルスを保有するノミによる感染がほとんど
マールブルグ病
ラッサ熱 接触感染 経口感染 飛沫感染
急性灰白髄炎 経口感染
ジフテリア 飛沫感染
重症急性呼吸器症候群
(病原体がコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る)
飛沫感染 接触感染
鳥インフルエンザ
(病原体がインフルエンザウイルスA属インフルエンザAウイルスであってその血清亜型がH五N一であるものに限る。次号及び第十九条第一項第二号イにおいて「鳥インフルエンザ」という。)
感染した鳥や、その排泄物、死体、臓器に濃厚に接触することによってまれに感染する
第2種 インフルエンザ
(鳥インフルエンザ(H5N1)を除く)
飛沫感染 接触感染 解熱後2日を経過するまで
百日咳 飛沫感染 接触感染 特有の咳が消失するまで
麻疹 飛沫感染 接触感染 空気感染 解熱後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎 飛沫感染 接触感染 耳下腺の腫脹が消失するまで
風疹 飛沫感染 発疹が消失するまで
水痘 飛沫感染 接触感染 空気感染 全ての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱 飛沫感染 接触感染 主要症状が消退した後2日を経過するまで
結核 空気感染 学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎 飛沫感染
第3種 コレラ 経口感染 飛沫感染 空気感染 接触感染 学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
細菌性赤痢 経口感染 飛沫感染 空気感染 接触感染
腸管出血性大腸菌感染症 経口感染 飛沫感染 接触感染
腸チフス 経口感染
パラチフス 経口感染
ノロウイルスによる感染性胃腸炎 経口感染 飛沫感染 接触感染 空気感染
流行性角結膜炎 経口感染 飛沫感染 接触感染 空気感染
急性出血性結膜炎 接触感染
マイコプラズマ肺炎 飛沫感染
急性感染性咽頭炎
扁桃炎
飛沫感染
帯状疱疹 飛沫感染 接触感染
手足口病 飛沫感染 接触感染 糞口感染
サルモネラ感染症(腸チフス・パラチフスを除く)
カンピロバクター感染症
家畜、は虫類、ペットなどが保菌。鶏肉、鶏卵、牛乳、魚などからの経口感染
インフルエンザ菌感染症
肺炎球菌感染症
飛沫感染
溶連菌感染症 飛沫感染 接触感染
急性細気管支炎 飛沫感染 接触感染
伝染性紅斑 飛沫感染
EBウィルス感染症 キスや唾液を介した感染
濃厚接触による飛沫感染
単純ヘルペス感染症 接触感染
ヘルパンギーナ 飛沫感染 接触感染 
経口感染
A型肝炎 経口感染
糞口感染
B型肝炎 HBVキャリアの母からの垂直感染
歯ブラシやかみそりなどの共用に伴う水平感染
性行為感染
伝染性膿痂疹(とびひ) 接触感染
伝染性軟属腫(水いぼ) 接触感染
アタマジラミ 接触感染
疥癬 接触感染
皮膚真菌症
(カンジダ感染症、白癬感染症など)
接触感染
その他の感染症 経口感染 飛沫感染 空気感染 接触感染

学生相談室

学生相談室の開室時間  10:30 ~ 16:35    相談室の時間割 (1回45分)

10:30 ~ 11:15 11:30 ~ 12:15 12:35 ~ 13:20 14:50 ~ 15:35 15:50 ~ 16:35

担当カウンセラー

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
松尾将作 松尾将作 二口祐美子 二口祐美子 上杉裕香

学生相談室の利用方法

・相談は予約の方が優先となります。じっくり話をしたい方は、予約をお取りください。
・直接、学生相談室にお越しいただいてもかまいません。先約の方がいない場合は、お話をうかがうことができます。

学生相談室代表番号
06-6612-6264

直接、学生相談室に予約を取りにきていただいてもかまいません。保健室、学生支援センターでも、予約を受け付けています。