総合型選抜入試のご案内

入試概要
総合型選抜入試のご案内

2021のオススメ!
新「総合型選抜入試」で挑戦

2021年度入試より、日本の大学の入試制度が大きく変化します。これをうけ相愛大学では、これまでAO入試として実施してきた選抜制度を「総合型選抜入試」と改め、より受験生と本学の相互理解を深めあいながら合格をめざす制度に生まれ変わりました。自分のこれまでの歩みを最大限にいかしてぜひ挑戦してください。

【総合型選抜における相互理解とは】
  • ●あなたが、本学の学問内容や教育方針を理解し、納得できること。
  • ●相愛大学が、あなたの希望や勉学の熱意を理解し、本学の教育内容との適合性があると判断できること。
特徴1
キミの意欲や目的意識で合否を判断

ペーパーテストの成績のみで合否が決まるのではなく、一人ひとりの特技や意欲、目的意識を、本学教員とともにじっくりと確認しながら合格へと導く入試が、総合型選抜です。

得意分野で挑戦

「実技レッスン型※」「課題レポート型」、「自己表現型(プレゼンテーション)」の中から、受験生それぞれが得意な分野をいかして挑戦することができます。

※実践レッスン型は音楽学部のみ

オープンキャンパスと入試制度が連動

オープンキャンパスと連動した入試制度となっているので、一年を通じて挑戦することができます。また、オープンキャンパス時に直接、先生やスタッフに「困っていること」「わからない点」をきくことが可能なため、自身のペースに応じたステップアップが可能です。

総合型選抜へのエントリー資格

次の①~③のいずれかに該当する者(大学入試資格への詳細は入試課へお問い合わせください)。

  • ①高等学校もしくは中等教育学校卒業した者、および2021年3月卒業見込みの者。
  • ②通常の課程による12年の学校教育を修了した者、および2021年3月修了見込みの者。
  • ③学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者、
    および2021年3月31日までにこれに該当する見込みの者。

※総合型選抜は、志望する学科での勉学を強く希望する者を対象としていますので、他学部・他学科との重複エントリーはできません。

※総合型選抜編入学試験を受験される方のエントリー資格は、「総合型選抜入試(旧:AO入試)」をご覧ください。

出願資格の確認について(エントリーシートはオープンキャンパスで配布します)

オープンキャンパスで配布するエントリーシートの裏面に、エントリー資格を確認する項目があります。

現在高校等在学中の方 在籍学校の先生に「学校名、学校所在地、担任名(もしくは進路指導担当先生)の記入及び押印」をしてもらってください。
既卒の方 エントリー資格を確認することのできる以下の書類を添付してください。
●卒業証明書
高等学校卒業程度認定試験(大学入学資格検定)でエントリーする方 エントリー資格を確認することのできる以下の書類を添付してください。
●合格者:合格証明書 ●合格見込者:合格見込証明書

選考方法について

実技レッスン型(音楽学部のみ)

クラブ等で目一杯「演奏」と向き合い、大学でも本格的に学びたいあなたに用意されたのがこの方式です。まず、総合型選抜特別プログラムで実施される各専攻・特別レッスンを受講してください。技能・音楽性が認められたら、修了書を発行します(再チャレンジもOK)。エントリーから合否発表、さらに入学を迎える際にはハイレベルな相愛の音楽教育に対応すべく用意された入学前教育プログラムまでの詳細は、入試ガイド等をご確認ください。

課題レポート型

大学で学びたい分野がある程度見えてきた、あなたに用意されたのがこの方式で、音楽(作曲、音楽学、アートプロデュース専攻)と人文、発達栄養両学科で実施されます。まず、総合型選抜特別プログラムで実施されるミニ講義等を通して、本学教員との相互理解を深めながら、大学でのまなびを実体験してください。その際、提示された課題に基づきレポートを作成、エントリーへと進みます。エントリーから合否発表までの詳細は、入試ガイド等をご確認ください。

自己表現型

今までのあなたのまなびを、自己表現(プレゼンや実演)を通して、本学のまなびと結び付けをおこなうのがこの方式で、音楽(アートプロデュース専攻)と人文、発達栄養両学科で実施されます。まず総合型選抜特別プログラムに参加し、本学教員との相互理解を深めながら、プレゼン等の資料作成を含めたエントリーまでの手順の説明を受け、その後資料の作成、エントリーへと進みます。エントリーから合否発表までの詳細は、入試ガイド等をご確認ください。

総合型選抜入試の概要について

まずは相愛大学のホームページや、「2021大学案内」および「アドミッション・ポリシー」をよく読み、自分自身の将来の目的や学びたいことが、志望する学科の教育内容が一致するか、さらに総合型選抜入試の趣旨に賛同できるかどうかを含めて、よく考えてください。

総合型選抜入試(旧:AO入試)