相愛大学 人文学部 日本文化学科ブログ

前垣和義から、ちょっとひと言。真夏の"シンポ"で、話をしました。

暑いですね。7月27日、大阪の最高気温は36度でしたが、この日、人文学部主催のシンポジウム『大阪のインテリジェンス』がおこなわれました。
お越しいただいたみなさま、ありがとうございます。

 

20120728シンポ前垣.jpgわたしは、2部に登場し、講談師の旭堂南海さんと「大阪商人の知性」について対談いたしました。講談師と大学教員との対談というスタイルは異色で、相愛大学人文学部のチャレンジ心を感じていただければ、と考えます。

対談前に、南海さんによる「岩本栄之助物語」の一席があり、それを受けて対談に入りました。

岩本栄之助という人物をご存じでしょうか? 
中之島の一画に大阪市中央公会堂がありますが、その建設資金を市に寄付したのが、岩本栄之助、その人です。

岩本氏の行為を、船場商人の気概や信条から分析をしました。さらに、船場商人の根本精神である相互扶助の視点を発展させ、大阪のおばちゃんが口にする「ありがとう」のことばと、日常行動にまで話が広がりました。

会場のみなさまは真剣に耳を傾けてくださり、反応もしていただけましたので、気持ちよく進行することができました。
これも"相互扶助"の精神!?と感じた次第です。


20120728シンポ学生.jpgご来場のみなさま、スタッフのみなさま、そして登場された方々、すべてに、ありがとうございました。

コメントする

2012/08/09
このページの先頭へ
相愛大学ホームページはこちら
人文学部 日本文化学科ホームページはこちら