相愛大学 人文学部 日本文化学科ブログ

学外研修②

 東洋の美の世界を反映する旧居は志賀直哉の文学に通じる美意識と精神性を表現している。

何気 なくつながれた回遊式の廊下や子供部屋の戸付き床格子は志賀直哉の人間に対する精神の意味 をよく現しており、今日の孤立しがちな人と人との関係に対しても大きな示唆を与える。

 旧居を訪問した学生たちはこの文豪の美の世界をつぶさに見て、深く感じるものがあったはず。
                                                                             呉谷

DSCF1416_R.JPG 121010_121850_0_R.JPG 

 
 

コメントする

2012/10/30
このページの先頭へ
相愛大学ホームページはこちら
人文学部 日本文化学科ホームページはこちら