2回生の前期から開講される運動生理学実習でコンディショニングの授業を行いました。

日常生活で同じ姿勢が続くと、身体のゆがみの原因になることもあります。

自分の姿勢をチェックして自分の身体の特性を知り、どのように改善すれば良いかを学ぶ実習です。

まずは、姿勢が悪くなってしまう原因や、筋肉・関節等についての講義です。

2016.4.28-1.jpg

次はペアになってお互いの姿勢チェックをします。

柔軟性や左右の肩の高さなどゆがみはあるかな?

2016.4.28-2.jpg2016.4.28-4.jpg

自分の身体のゆがみを知れたら、次は改善するためにストレッチを行います。

ゆっくり息を吐きながら緊張している筋肉をやわらげたり、ゆがみを整えていきます。

2016.4.28-3.jpg

最後にもう一度姿勢チェックをしてゆがみの改善や柔軟性が変化したかを検討します。

見た目で激的に変化している学生もいました!!

2016.4.28-5.jpg2016.4.28-6.jpg

ストレッチ等で血行が良くなり、肩こりや腰痛、ケガの予防、エネルギー消費しやすい身体になったりと

様々な効果が期待できることを実際に経験できた実習となりました。

助手 寺川