「調理学実習A」第13回目の授業は、

小麦粉生地の調理として、シュークリームを作りました。

 

 

 

 【シュー生地】

   ① バターを1cm角に切り、水と一緒に鍋に入れて火にかけます。

  シュー1.jpg

 

   ② 沸騰したら火からおろし薄力粉を入れて混ぜます。再度火にかけ生地が鍋底から

     離れたら火からおろします。

 

シュー2.jpg

 

   ③ 溶き卵を少しづつ入れて固さを整え、丸型の口金を入れた絞り袋に入れて

     オーブンプレートに絞ります。

 

シュー3.jpg

  

   ④ 霧吹きで水を吹きかけ、180℃のオーブンで20分焼き5分おきます。

 

シュー4.jpg 

    

 【カスタードクリーム】

   ① ボールに卵黄、砂糖を入れてよくすり混ぜ、混ざったら薄力粉を入れて混ぜます。

     温めた牛乳を入れて鍋に戻し、火にかけとろみをつけます。

 

クリーム1.jpg 

   ② とろみがついたら火からおろして冷まし、バニラエッセンスを加えます。

     バットに入れて上からラップをかけ氷水で冷やしておきます。

 

クリーム2.jpg 

 

 【仕上げ】

   ① 冷えたカスタードクリームをボールに移してほぐします。

     別のボールで生クリームに砂糖を入れて泡立てます。

 

クリーム3.jpg 

   ② カスタードクリームと生クリームを合わせて混ぜ、混ざったら絞り袋に入れます。

 

クリーム4.jpg 

   ③ シュー生地の1/3くらいのところに切り込みを入れてクリームを詰めます。

     お皿に並べて粉糖をかけたら完成です。

 

シュー5.jpg  

 

カスタードクリームを作る際に余った卵白は、マシュマロにしました。

 

シュークリーム.jpg  

シュー生地がきれいに膨らんだ班、残念ながら膨らまなかった班があり、

形や大きさが様々で、各班の個性が出たシュークリームに出来上がりました。

今回の調理実習の結果を活かして、家庭でも再チャレンジして欲しいと思います。

 

助手 森川