3日目はカゴメ(株)大阪支店で
「食品企業における食育」として演習を行いました。

まず、大阪支店支店長の宮地雅典様より
ご挨拶をいただきました。

DSC02485_R.JPG

次に、フードプランナーで管理栄養士の山形様によるご指導で
食育料理教室として
「オムライス検定」に挑戦しました。

DSC02489_R.JPG

さあ、検定の始まりです。
玉ねぎやピーマンは大きさを考えて切り炒めます。

DSC02496_R.JPG

鶏肉はよく火を通さないと
食中毒を起こしやすいよ!
炒め具合はどうかな?味付けは?
最後にケチャップライスを卵で巻くのは大変!
みんな真剣に取り組んでいます。

DSC02500_R.JPG

ケチャップでお絵かきして完成です。

DSC02504_R.JPG

上手にオムライスができました(^o^)V

DSC02507_R.JPG

私の分も作ってくれました。

DSC02510_R.JPG

午後は営業推進部 営業推進課課長の木下行哉様より
「野菜と乳酸菌の効用」について講義をしていただきました。

DSC02512_R.JPG

次に山形管理栄養士様より
「カゴメの食育活動」として
食品企業が取り組んでおられる食育について伺いました。

DSC02517_R.JPG

そのひとつとしての
「カゴメ劇場」は
1972年以来、毎年夏休みに開催されているそうで
子どもの頃、見たことがある学生もいたのでは・・・


学生からは
「子供に料理を教える時には
五感をたくさん使って分かりやすくすることが大切だと知り、
将来、教える機会があれば大事にしたいと思いました。」

トマトを横に輪切りした絵を描いたときに
なんの意味があるのかなと思っていました。
物事を「知っている」や「理解する」だけではなく、
「体内化する」ことで全てを正確に伝え、
助言できる立場になれるのではないかと思いました。」
などの感想がありました。

          公衆栄養学研究室  堀野