アドミッション・ポリシー

相愛大学が求める学生像

グローバル化、情報化という激しい波によって社会の構造は大きく変わりつつあります。競争や効率化が叫ばれる中で、人びとは自己の利害を追い求め、ともすれば他者のことに思いをいたさない風潮があります。このような社会にあってこそ、人の痛みや悲しみに共感し、相手の喜びを共に喜び、本当の意味での相手の幸せを願うことが何よりも大切でありましょう。相愛大学は、そのような考えを建学の精神とし、これからの時代をつくる、しなやかでたくましい人材を養成しようとしています。本学は次のような学生を求めています。

1.  「當相敬愛(とうそうきょうあい)」(自分を愛するように他者を敬愛する)の精神を基盤として主体的に学ぼうとする人。
2.  人と人とのつながりの中で、自分の力を発揮しようとする人。
3.  音楽文化・音楽産業の振興に貢献しようとする人。
4.  他者の文化を理解するとともに、世界に向けて日本を発信しようとする人。
5.  多様な視点から文化を考察しようとする人。
6.  心身の発達に関わる専門家として、慈しみの心・共生の心をもって、社会に貢献しようとする人。

音楽学部のアドミッション・ポリシー

音楽学部は、高度な音楽的技術の習得にとどまらず、宗教的情操を備え、感性豊かで優れた音楽家、音楽教育者、音楽研究者などの専門家をめざす学生、同時に、音楽を愛好する音楽文化人として文化の諸現象が社会に寄与する意義を感得し、音楽文化と産業の振興に貢献する希望をもつ、意欲的な学生を受け入れます。

学科 方針
音楽学科 音楽学科は、演奏技量、教育能力、音楽教養の3方向に拡がる領域の中で、個々の学生をそれぞれの資質や希望に沿って位置づけ、音楽文化の諸相において活躍できるように育成し、その音楽人的文化力を通じて、日本全体の情操文化社会の水準向上に貢献することができる人材の養成を目的としています。本学科は次のような学生を求めています。
 (1)優れた音楽家、音楽教育者、音楽研究者などの専門家をめざす人。
 (2)充分な音楽基礎知識と広い視野をもち探究心のある人。
音楽マネジメント学科 音楽マネジメント学科は、音楽の幅広い基礎知識と教養の履修をベースに、楽器演奏、作曲・編曲、合奏技術などの実技、音楽企画の理論と実践、コンピュータやインターネットの知識とプログラミングなどのIT能力を習得するとともに、事業計画の作成、プロジェクト管理などの経営管理学の能力も身につけます。そして自らキャリア・デザインし、将来自立できる能力をもつ人材を養成します。そこで本学科は次のような学生を求めています。
 (1)音楽企画に実践的に携わりたい人。
 (2)IT能力や経営管理学の能力を活かして音楽の多様な現場で活躍したい人。
 (3)音楽のプロとしての技量をもつ音楽産業人をめざす人。


音楽専攻科のアドミッション・ポリシー

音楽専攻科は、相愛大学の建学の精神である「當相敬愛」を涵養し、次のような音楽芸術に対する探求意欲或いは音楽芸術の実戦能力を有する学生を、入学試験によって選抜し受け入れます。
 (1)音楽芸術の分野における高度な学識の高い探求、或いは技術の修練に、真摯に取り組む意欲のある人。
 (2)広い視野を持ち、独創的な研究活動、或いは独創的な演奏に向かうために必要となる資質を備えた人。

人文学部のアドミッション・ポリシー

人文学部は、人文科学の分野において、総合的・学際的な教育研究を行い、現代社会に生じる諸問題を多面的に捉え、思想・宗教的な素養も活かして、自らの問題に立ち向かう主体性をもった人材を育成することを目的としています。その目的を達成するため、人文学部では次のような関心・意欲・目標をもった人を受け入れます。なお、すべての専攻において他者に心を開き、他者の思いを正確に理解し、そのうえで自らの意見を正しく表明することが求められるので、国語・英語・小論文などを試験科目としています。

学科 方針
人文学科 日本文学 (1)情緒あふれる日本文学を学び、豊かな感性を活かした自分らしい仕事に就きたい人。
(2) 日 本語や日本文学に関する専門的な知識を身につけ、それを広く伝えていきたいと考えている人。
歴史・サブカルチャー専攻 (1)日本の歴史に対する見識を深め、世界の中の日本という自覚をもって社会に貢献したい人。
(2) 新しい日本の文化であるサブカルチャーについて興味、関心をもち、深く探究していこうとする人。
仏教文化専攻

(1) 浄土真宗の教えや仏教に関心がある人、寺院を運営するための実務を学びながら新しい仏教の可能性を展開する企画力などを身につけたい人。
(2) 仏教を指針に現代社会を生きることを考える人、仏教文化(仏像・仏具・法衣・仏教書や古典芸能など)に興味がある人。

心理専攻 (1)“人間とは何か”、“自分とは何か”というテーマに関心のある人。
(2)人との関わりに興味があり、社会での活動に関心のある人。
国際コミュニケーション専攻 (1)英語が好きな人、TOEICなどの検定試験を頑張り、将来の仕事に活かしたい人。
(2)外国の文化や生活に対して興味があり、さらに知識を深めたり学んだりしたい人。
ビジネス・社会専攻 (1)時事問題やニュース、国際的な経済の動きなどに関心のある人。
(2) 今の社会のすがたや仕組みに興味があり、実際に自分自身で考えたり調べたりしたい人。

人間発達学部のアドミッション・ポリシー

人間発達学部は、生涯における心身の健全な発達を支援するための研究と教育を行い、當相敬愛という建学の精 神のもとに、これらの成果を活かし、多様な社会支援能力をもつ専門的人材を育成し、社会への貢献を行うことを 目的としています。子ども発達学科と発達栄養学科は、以上の目的を達するために次のような学生を求めています。

学科 方針
子ども発達学科 子ども発達学科では、子どもを理解する力や豊かな表現力を身につけ、発達についての基本的・総合的な視点、保育・ 教育に関する専門的な知識を備えた、実践力や指導力をもつ保育士、幼稚園教諭、保育教諭、小学校教諭を育成 します。子どもとの出会い・かかわりを大切にし、一人ひとりの子どものこころを大切にする保育・教育実践を重 視します。したがって本学科の求める学生像は次のようなものです。
 (1)保育・教育に深い関心と興味をもつ人。
 (2)子どもたちの成長・発達に真摯(しんし)にかかわりたい人。
 (3)子どもと親の成長を助け支援していくための方法や知識を幅広く身につけたい人。
 (4)保育・教育にかかわる専門的な知識やスキルを高めるとともに、自らの人間性も高めたい人。
 (5) 高校までに学んできたことがらを活用して、自分の考えを文章および口頭で明確に伝達し、他者の考えを理解 し記録することができる人。
発達栄養学科 発達栄養学科では、食に関する高度で専門的な知識を備え、食の問題を「こころ」と「からだ」の両面からとらえ食育 のできる管理栄養士、栄養教諭を育成します。一人ひとりの人間の発達段階や栄養状態にあった栄養マネジメン トができるだけでなく、食をトータルにプロデュースするデザイン力を重視します。したがって本学科の求める学 生像は次のようなものです。
 (1) 食品や栄養に興味・関心をもち、食べることを大切にする気持ちをもつ人。
 (2) 医療・福祉・介護の現場に関心が高く、将来は管理栄養士としてオーダーメードの栄養教育・指導を展開し活 躍したい人。
 (3)栄養・食生活をデザインし、生活習慣病予防のプランナーとして社会で幅広く活躍したい人。
 (4) 食育のリーダーとして時代が求める管理栄養士の役割を果たし、国民の心とからだの健康づくりに貢献したい人。
※基礎学力として、「化学基礎」および「生物基礎」を学習していることが望ましい。