利用案内

貸出

館外貸出
借りたい資料に、学生証を添えて、カウンターの係員に提示してください。係員が手続きをして、返却期限票を添えてお渡しします。
必ず、期限までに返却してください。

貸出冊数と期間
貸出冊数は図書館全フロアー合計の数です。
区分 図書/製本雑誌 指定図書 楽譜 CD 備考
一般学生 10冊2週間 1冊3日 4冊2週間 2点1週間 科目等履修生、短期留学生を含む
卒論登録学生 20冊1ヶ月 同上 5冊1ヶ月 3点1週間 貸出更新はできません
教員 30冊3ヶ月 同上 10冊1ヶ月 10点1週間  
助手 10冊1ヶ月 同上 4冊1ヶ月 3点1週間  
職員 10冊1ヶ月 同上 4冊2週間 2点1週間  
卒業生 4冊2週間 × 3冊2週間 × 長期貸出はありません

*長期休業中(夏期・冬期・春期)は、貸出期間を延長します。
*教育実習等の場合、貸出期間を延長します。
*貸出冊数は図書館全フロアー合計の数です。


貸出できない資料
次の資料は館内で利用してください。
・貴重資料
・参考図書(禁帯出ラベルが貼ってあるもの)
・最新号(及び未製本)の雑誌・紀要
・CD以外の視聴覚資料
・付属資料(CD-ROM、DVD-ROMなど)

*参考図書は、オーバーナイトローン(閉館30分前から次の開館日の午前10時までの貸出)が利用できます。


貸出の更新
資料を継続して利用したい場合、予約申込者がいなければ、1度に限り、続けて借りることができます。(指定図書、CDを除く)
返却期限までに手続きをしてください。

返却

返却
借りた資料は2階または3階のカウンターに返却してください。
図書館の取扱時間外には、1階正面玄関の返却用ブックポストに入れてください。

*館内の資料返却台に置いても返却手続きはされません。
*CDはブックポストを使わず、必ずカウンターに返してください。


貸出停止措置
連絡なしに、正当な理由なく、返却期限に遅れた場合は、 遅れた日数の期間、貸出停止になります。

予約
利用したい資料が貸出中の場合は、予約することができます。「予約申込書」に記入してカウンターに申し込んでください。利用できる状態になりしだい掲示でお知らせします。

相互利用

探している資料が図書館にない場合、他の図書館や研究機関を訪問して資料を閲覧したり、コピーを入手したり、資料を借りたりすることができます。カウンターで相談の上、「他大学等図書館利用願」に記入してください。
いずれの場合も、利用のための費用は利用者の負担となります。


他大学図書館等の直接利用
他の大学図書館等を直接訪問して資料を閲覧したい利用者のために紹介状を発行します。
「他大学等図書館利用願」に利用したい資料名と利用希望日を具体的に記入してカウンターに申し込んでください。
なお、依頼先館の都合等を確認する必要がありますので余裕を持って申し込んでください。
他の大学図書館等を利用する場合は、必ずこの「紹介状」と学生証を持参してください。

文献複写
他の大学図書館等で所蔵している図書の一部や雑誌論文のコピーを入手することができます。
国内機関へ依頼する場合で、コピーの入手まで、およそ1週間から2週間かかります。
国内に所蔵館がない場合は海外の図書館へ複写を依頼することもできます。
申込先は図書館で最適なところを調査し、選択します。

相互貸借
他の大学図書館等から、本学の図書館を通じて資料そのものを借りることができます。
ただし、所蔵館が相互貸借を行っている場合に限り、利用条件等は相手館の指示によります。

利用上の注意

・図書館を利用するには、学生証(教職員の場合は、図書館利用カード)が必要です。常に携行し、係員の求めがあれば提示してください。
・図書館の出口には、BDS(ブックディテクションシステム)のゲートが設けられており、手続きをしないで、資料を持ち出そうとした場合、警報が鳴り、ゲートがロックされます。
・警報が鳴った場合には、原因の調査にご協力お願いいたします。
・館内での携帯電話の通話は禁止されています。
・携帯電話は電源を切るか、マナーモードに設定してください。
・学生証や、借りた資料の貸し借りは厳禁です。
・館内での飲食は禁止されています。また、図書館は全館禁煙です。
・その他、図書館の利用に関することは、係員の指示に従ってください。