南港のATCおよびさきしまコスモタワーで11月3日(土)・4日(日)に「咲洲こどもフェスタ2018」が開催されました。
子ども発達学科は今年も参画し、11月3日(土)に「相愛大学子ども発達学科 親子でわくわく体験フェスタ」を開設しました。
多くの方にご来場いただき、学生にとっては、大学から飛び出して地域の方とふれあえる貴重な機会となりました。
20名の学生スタッフと5名の教員で、「学生ステージ」、「バルーンアート」、「手作りゲームコーナー」を準備しました。
会場の様子を紹介します。

入り口付近
相愛大学 子ども発達学科ののぼりと工作の作り方やバルーンアートの作り方を紹介したボードでお迎えです。



学生ステージ
6種類の演目を用意しました。「おおきなかぶ」では、子ども達も一緒にかぶをひっぱりました。

(おおきなかぶ)

(おべんとうばこ)



バルーンアート
開場までにカラフルなお花を大量生産しました。
子ども達とは何を作ろうか相談したりなど、お話しながら一緒に作りました。

(準備の様子)



手作りゲームコーナー
手作りフリスビーに一所懸命色を塗っています。



最後にスタッフの集合写真を撮りました!


とても多くの方に来ていただき大盛況でした。
学生スタッフは2~4回生で編成されています。
これまでに学んできたことを基礎に、この活動を通してみるみるスキルアップしているようでした。

この度は、たくさんのご来場ありがとうございました。
またお会いできることを楽しみにしています!

次回のイベントは、オープンキャンパスです!
11月18日(日)10:00~14:00に大学にて開催しますので、
高校生のみなさんや保護者の方は、この機会にぜひ遊びに来てください♪