解剖生理学実験の授業風景を紹介します٩(๑òωó๑)۶

今回のテーマは浸透圧です!

  

浸透圧とは、溶質の異なる2種類の液体を

膜を隔てて隣り合わせにしておくと

お互い同じようになるようにする力です!

 

DSCN3157.jpg 

その膜はある物質は透過できても、

他の物質は透過できない性質を持っています!

この様な膜を半透膜といいます(。☌ᴗ☌。)

 

0.9%塩化ナトリウム溶液の浸透圧は、

血清浸透圧と同じ浸透圧となるので等張液ですね(。・ω・)ノ

 

浸透圧が血清浸透圧より高い溶液を高張液、低い溶液を低張液といいます('ω'*)

市販のスポーツ飲料水にも等張液のものが売られていたりしますね!

 

今回は半透膜の両端を輪ゴムで縛り、細胞に見立てて実験をしました!

 

DSCN3257.jpg 

まず0.5mol/L、1.0mol/L、1.5mol/Lのショ糖溶液を用意します٩( 'ω' )و

半透膜の片方を縛り3種類の溶液を3つの半透膜にそれぞれ入れ、輪ゴムで端を縛ります!

 

DSCN3153.jpg 

3つの半透膜を水の入ったバケツに入れ、

15分後、30分後、45分後、60分後に重さをはかり、観察しました!

  

DSCN3161.jpg DSCN3159.jpg DSCN3160.jpg

 

バケツに入れる前との重さを比較してみると

1.5mol/Lのものが一番重くなっていて、その次に1.0mol/Lのもので、0.5mol/Lのものが一番軽いという結果になりました!

 

DSCN3154.jpg 

DSCN3263.jpg 

中には半透膜を水が通過し、パンパンになっているものもありました!( ゚Д゚)

このことから膜を介して水が移動しているのがわかりましたね(。・Д・)ゞ

 

 

 

 

助手  大川