~ 相愛大学の管理栄養士を目指す発達栄養学科のブログを見に来ていただき、ありがとうございます。~

 2019年11月23日土曜日に大阪急性期・総合医療センターにて

『第6回 糖尿病フェスタ ~令和に零から知る!糖尿病!!~ 』が開催されました。

 相愛大学発達栄養学科と大阪急性期・総合医療センターのコラボも今年で6回目です。毎年、発達栄養学科の臨床栄養学実習を履修している3回生が糖尿病フェスタに自作の紙芝居やポスターなどを用いて参加しています。

IMG_2048.jpgIMG_8958.jpg

減塩や野菜に関するポスター

IMGP2959.jpg

野菜などの紙芝居を読む学生

 発達栄養学科のブースには、食育SATシステムやInBodyや骨密度計、口内チェックや学生レポもありました。

IMGP2941.jpgDSC01027.jpg

 第6回 糖尿病フェスタの開催前に大阪急性期・総合医療センターの医師などからご挨拶がありました。

IMG_8994.jpg

 今年は開始時刻より少し早めに糖尿病フェスタが開始となりました。

 食育SATシステムを用いた食事診断では、来場者の普段の夕食はどの栄養素が過不足しているかをSATで出して、学生が食事の改善をアドバイスします。

DSC01033.jpgDSC_0132.jpgDSC_0133.jpg

 InBodyによる体脂肪・筋肉量の測定、骨密度計による骨密度測定も行いました。その際に、教員や学生からアドバイスをしていました。

IMG_8984.jpg

InBodyによる体組成の測定

DMF 骨密度.jpg

骨密度計による骨密度の測定

IMGP2964.jpg

 減塩や野菜、間食などのチラシを学生が作成して、配布していました。

DSC_0138.jpgDM 歯.jpg

 また、野菜と塩分に関する学生レポや口の中のチェックも大盛況でした。

IMGP2976.jpgIMG_8995.jpgIMG_9036.jpg

 病院の講堂では医師による講話や塩分・血圧に関してのコーナーなどもありました。廊下では臨床検査技師による血糖値の測定も行われていました。

DSC_0151.jpg

 糖尿病フェスタの最後には、みんなで体操をしました。

 フェスタ中にメッセージボードに様々なメッセージを残してもらいました。

IMG_8977.jpg

1枚目は糖尿病フェスタの実行委員長の藤田さん。

DSC_0154.jpg

その後、たくさんのメッセージが集まりました。

 今回の糖尿病フェスタでは学生も積極的に来場者に声掛けを行い、賑やかなフェスタになりました。大規模なフェスタを経験できた学生は自信が付き、この経験を今後に活かしてくれると思っています。

DSC01037.jpg

 来場者だけでなく学生も学ぶことが多くあり、「今回、糖尿病フェスタに参加できてよかった」「今回の得た知識を試してみて、来年も来ます」などの感想をもらうことが出来ました。

 来場者や学生にとって充実したフェスタになり、また来年も開催したいと考えております。今回よりさらに盛り上げられるよう、精進して参ります。

 糖尿病フェスタに参加して頂きました、ご来場の方や大阪急性期・総合医療センターの方々、ブログを読んでくださいました方に感謝を込めて、ありがとうございます。

助手 的場