~ 相愛大学の管理栄養士を目指す発達栄養学科のブログを見に来ていただき、ありがとうございます。~

今回は「クリスマス料理」についてです。

まず、ローストチキンは鶏の形を糸で整えます。鶏の表面に焼き目を付けて、香味野菜とともにオーブンで焼いていきます。

調B146.jpg調B147.jpg調B148.jpg

肉汁が濁りのない透明になっていれば、火が通っている証拠です。

調B149.jpg

部位ごとに切り分けて盛り付けます。

調B1410.jpg

次にサラダのカッテージチーズを作っていきます。牛乳を沸騰直前まで温め、酢を入れます。牛乳のタンパク質が酢によって凝固することにより、汁と凝固物に分離します。

調B1411.jpg

分離した汁を乳清(ホエイ)といいます。

調B1413.jpg

白い凝固物はカードといい、これがカッテージチーズになります。

調B1412.jpg

 次はブッシュ ド ノエルを作っていきます。フランス語で「ブッシュ」は「木」、「ノエル」は「クリスマス」といい、「ブッシュ ド ノエル」とは「クリスマスの木」という意味です。

最初に生地が白っぽくなり、角が立つ程度まで泡立てます。

調B1414.jpg調B1415.jpg

薄力粉を入れた際には、混ぜこねてグルテンを形成しないように注意してください。

調B1416.jpg

生地を焼いてから冷まして、果物やクリームでトッピングしていきます。

調B1417.jpg調B1418.jpg調B1419.jpg

ある班ではハート形やサンタさんのイチゴがあり、とても可愛らしいケーキになっていました。

調B1420.jpg

 パスタはのびたり、冷めたりしないように最後に茹でます。ソースと絡めて、おしゃれに盛り付けて完成です。

調B1421.jpg調B1422.jpg

 今回の献立は「ツナとほうれん草のトマトソーススパゲッティ・ローストチキン・りんごとカッテージチーズのサラダ・ブッシュ ド ノエル」でした。

調B141.jpg

 今年度の調理学実習Bのブログは第14回を持ちまして終了となります。第15回は学生の実技テストとなっています。本ブログをここまで読んでいただいた方々に感謝を申し上げます。

来年度も調理学実習がありますので、お楽しみください。

皆様が良いお年をお迎えできますよう。また、来年もよろしくお願い致します。

助手 的場