大学院音楽研究科

術文化社会の発展に寄与する音楽人を養成

演奏力や創作、研究能力をさらに磨き、個性が光る音楽活動を行う高度な専門職をめざします。
在学中にプロの音楽家として活動できるのも魅力です。

修士課程のポイント

高度で深遠な技能や
学識の修得

専門性をいかした
自立的音楽活動を展開する
能力の修得

専門的表現を用いて
芸術文化を牽引できる
能力の修得

音楽的価値観に共感できる
能力の修得

修了後の進路

  • ・音楽家としてクラシック音楽界で活躍する人材として、ソリストや演奏団体等に所属
  • ・優れた音楽的専門性を社会の諸側面で展開できる実践的手法を身に付けた人材として活躍
  • ・官公庁や地方自治体で芸術文化の振興を担当する職員、或いは文化振興財団や芸術文化等研究機関の職員 など

在学中にプロの音楽家として活動できます

  • ・企業、地域社会からの依頼演奏に、「ソリストやアンサンブルメンバー」として多数活動できる
  • ・教育機関が運営するハイレベルなオーケストラ「相愛フィルハーモニア」に所属して活動できる

入試情報

学生募集要項

入学試験出願書類

出願書類については、相愛大学入試課(06-6612-5905)までお問い合わせください。

専門試験実技等課題一覧

学生募集要項のP.12~14に掲載しております。

学費・諸経費

相愛大学の卒業生が入学する場合は、入学金は半額となります。( )内金額。

入学金 授業料 施設費 合計
入学年次 200,000
(100,000)
960,000 430,000 1,590,000
(1,490,000)
2年次 960,000 430,000 1,390,000
合計 200,000
(100,000)
1,920,000 860,000 2,980,000
(2,880,000)