音楽学専攻

音楽を“作り手”“聴き手”“弾き手”の立場から分析し、探究する。

「音楽って何だろう」と考えたことはありませんか? 音楽学は音楽をさまざまな角度から眺める専攻です。その思考はいろいろな夢や将来につながります。時空を超えた知的な探究こそが素晴らしいキャリアにつながるでしょう。音楽学で一緒に「音楽」について考えてみませんか!

カリキュラム

教員紹介

大谷 紀美子客員教授(日本音楽史)

英国北アイルランド、ベルファースト・クインズ大学社会人類学科博士課程修了(Ph.D.in Social Anthropology)。

常磐津 都㐂蔵客員教授(常磐津)

1964年立命館大学卒業後、常磐津菊三郎 の預かり弟子となる。2001年相愛大学その他で芸能史の講演と非常勤講師を勤める。2011年文化庁芸術祭優秀賞。


[音楽構造分析非常勤講師]

三鬼 尚味

相愛大学音楽学部作曲専攻卒業。同大学研究科修了。同大学専攻科修了。第23回(財)日本交響楽団日本現代のオーケストラ作曲賞。第1回JFC作曲賞コンクール奨励賞受賞。


[音楽教育非常勤講師]

辰巳 友紀

神戸女学院大学音楽学部音楽学科器楽専攻(ピアノ)卒業。経験と科学的根拠に基づいた指導方法を展開している。日本カウンセリング学会・日本応用心理学会、各会員。


[音楽心理学非常勤講師]

河瀬 諭

大阪大学大学院人間科学研究科修了、博士(人間科学)。専門は、感性情報心理学、音楽心理学、認知心理学。主な研究テーマは、音楽のコミュニケーションや音楽と身体の関係など。


[西洋音楽史非常勤講師]

村井 晶子

西洋音楽の作品構造や歴史的背景の知識を、具体的な作品の分析や演奏と統合させることを教育の目標に、講義や市民大学、演奏会の曲目解説などを通じて展開しています。


[民族音楽学]

由比 邦子

大阪大学文学部美学科(音楽学専攻)卒業、大阪大学大学院文学研究科(芸術学)博士前期課程修了。専門分野は東南アジア芸術史(古代)。ジャワ舞踊の踊り手としても活動。


[雅楽]

小野 真龍

京都大学大学院文学研究科博士課程(宗教学)修了。京都大学博士(文学)。相愛大学特任准教授(2008~2016年)を経て、天王寺舞楽協会常任理事、天王寺楽所雅亮会副理事長、願泉寺住職。

高木 了慧

相愛大学音楽学部作曲専攻卒業。同大学研究科修了。映画・TV・ゲーム・教育関係等、数多くの作曲を手掛ける。また雅楽奏者として国内外で演奏活動を行う。天王寺楽所雅亮会講師。

林 絹代

相愛大学音楽学部声楽科卒業。天王寺楽所雅亮会会員。同参事。同講師(鳳笙・楽箏)。宮城道雄作品に数多く出演。フランス・ドイツ・ポーランド・チェコ等の演奏会に出演。


[地歌・筝曲非常勤講師]

田渕 雅子

相愛大学音楽学部音楽学専攻卒業。社団法人当道音楽会より筝・三絃少授導職格取得。同会正会員。株式会社田渕音楽事務所代表。